食品素材の記事

ラティーナ、マカの食品利用拡大とミックス原料「南米パワー4」を提案

日本におけるマカのパイオニアであるラティーナは、マカの乾燥粉末(有機品)、マカエキス末、黒マカエキス末を揃え、それぞれに適した提案を行っている。

マカはサプリメントによく使われているが、食品原料としての活用も提案を強化している。マカは必須アミノ酸をはじめとしたアミノ酸を豊富に含んでおり、総合的な栄養素材として利用でき、すでに菓子などにも配合が進んでいる。ナチュラル素材、あるいはスーパーフードのイメージから女性にも受け入れられてきている。黒マカには精子の生産量増加・運動能力活性などの作用が確認されており、滋養強壮向けで伸びている。

今春から強壮系に使いやすい原料として黒マカをベースとしたミックス原料「南米パワー4」の紹介も始めた。黒マカ、パフィア、ガラナ、ムイラプラマという南米素材のエキス末を配合した製品で、何種類も配合する傾向が強い強壮系製品を作る際にリーズナブルに使え、残原料の廃棄ロスも防ぎやすい。

関連記事

  1. ビタミンC、春先から相場上昇の局面に
  2. マキベリーエキス「Delphinol®」の骨粗鬆症改善に関する新…
  3. オリザ油化、国産クリルオイル「イサダオイル」の抗肥満効果を確認
  4. 東洋新薬、大麦若葉末による肌の保湿、しわ・たるみ・くすみの改善に…
  5. 無水マレイン酸・フマル酸事業、製販一体に
    ―扶桑化学工業が…
  6. バニラの現状と顧客のニーズを汲んだ製品提案
  7. BASF、天然バニリンなど世界の天然香料市場に参入
  8. オリザ油化、トマト種子エキスのアレルギー性皮膚炎改善効果を発見し…

おすすめリンク先

PAGE TOP