食品素材の記事

一丸ファルコス、食品原料のプラセンタパウダー規格に「エクソソーム」を追加

一丸ファルコスは、食品原料「プラセンタパウダー T-100」の規格書の確認試験に「エクソソーム」を追加したと発表した。

エクソソーム(Exosome)は細胞から分泌される直径50-150 nmの顆粒状の物質で、膜の中にmiRNA、タンパク質、DNAなどを内包している。細胞から分泌されたエクソソームは体中を循環し、生体内のコミュニケーションツールとして働いていると考えられている。

同社は2017年度生命科学系学会合同年次大会(Consortium of Biological Sciences 2017: ConBio2017)にて、プラセンタ抽出パウダーに細胞外小胞(エクソソーム)が含まれ、老化したヒト由来線維芽細胞の複製寿命への影響を報告している。併せて「プラセンタパウダー T-100」にエクソソームが含まれることを確認しており、今回新たに規格書の確認試験に「エクソソーム」の項目を追加した。最終製品の表示は「豚プラセンタエキス」に加え、「エクソソーム含有豚プラセンタエキス」も可能となる。

※「プラセンタパウダー T-100」は、タイのHACCP認定農場にて厳しく管理された豚のプラセンタを原料として使用した100%純末のプラセンタ素材。

関連記事

  1. カーボンニュートラルを実現した腸内環境改善素材
  2. エル・エスコーポレーション、エルゴチオネインの脳機能に関するヒト…
  3. BASF、天然バニリンなど世界の天然香料市場に参入
  4. イングレディオン、米由来の加工でん粉をフィリング等に提案
  5. カカオの価格 さらなる高騰の危機
  6. 菊の花エキスの抗アレルギー作用、トマト種子エキスの肌の弾力維持で…
  7. EC-12の供給不安が完全解消、さらなる利用拡大に向け提案を強化…
  8. 豊富なエビデンスをもつザクロエキス発売

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 33,000円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2024 出展者募集中

PAGE TOP