食品素材の記事

守田化学工業とAvansyaが次世代のステビア甘味料「レバウディオサイドM」についてライセンス契約を締結

守田化学工業は、カーギルとDSMが設立した合弁会社のAvansyaと発酵法で製造された「レバウディオサイドM」に関するライセンス契約を締結したことを発表した。守田化学とAvansyaは、昨今の世界的な砂糖離れに対応するため、世界市場へゼロカロリーのステビア甘味料の拡販に注力していくこととなる。

レバウディオサイドMは、苦味・雑味がなく砂糖に近いまろやかでコク味のある甘味質を有する次世代の甘味料。甘味度は現行のレバウディオサイドAの甘味度(閾値でショ糖比約450倍)よりもさらに強い約600倍の甘味を有する。

守田化学工業がステビア原葉の品種改良を重ねる中で自社開発した高レバウディオサイドA品種で発見した10種類の新規甘味物質のひとつで、既に物質特許は日本、米国、欧州、韓国、マレーシア等で取得しており、その他関連特許も出願している。

安全性についてはJECFAやEFSAなどで評価済み。欧州、米国、オーストラリア、ニュージーランドで食品添加物として認可されている。日本でも同社が2020年末の認可(新規指定)を目指し、安全性と成分規格等の資料を準備して申請作業を進めている。

現在、レバウディオサイドMを使用・製造するには同社の物質特許許諾が必要なことから、日本よりも海外のグローバル企業が注目し、特許ライセンスを求めてきており、すでに世界市場を見据えたグローバル企業数社とライセンス契約が締結されている。

レバウディオサイドMを製造する方法は、ステビア原葉から抽出精製して得られる天然物と天然のステビオール配糖体を原料にして生物変換技術で得られるもの、および発酵技術で得られるものがあるが、いずれにしても同社の特許ランセンスが必要になる。今回のAvansyaとのライセンス契約については、食品関連で世界的に知的財産権の重要性が認識され始めたといえる。

なお、合弁会社Avansyaは、DSMとカーギルの資本比率50:50の合弁会社で今年3月1日に設立。DSMのお膝元であるオランダ・デルフトに本拠を構え、米国ネブラスカ州のブレアにあるカーギルの発酵施設で生産し、「EverSweet(TM)」ブランドで販売する予定となっている。

関連記事

  1. 高品質・低コストのオリーブ葉エキス製品を紹介
  2. 便通改善機能で機能性表示食品として受理-ラクリス™
  3. 香料物質7品、新規指定に向け審議へ
  4. 強力な抗酸化成分「セレノネイン」を含んだ国産サバ由来の「サバペプ…
  5. 食品と開発 ニュース アスク薬品、脳機能・運動機能改善作用を持つマンゴー葉乾燥エキス「…
  6. お湯で割るだけで簡単、業務用本格ラーメンスープ「とんこつ」拡充
  7. 三菱商事ライフサイエンスの焼きあごだし 三菱商事ライフサイエンス、「だし本番® 」シリーズに焼きあごだし…
  8. 三栄源エフ・エフ・アイ、原料由来の臭いと戻り臭を大幅低減した赤ダ…

おすすめリンク先

PAGE TOP