食品素材の記事

カルシウムの吸収性を高める素材「CPP」を積極提案

明治フードマテリアでは、消費者のカルシウム摂取量の不足が続く中、カルシウムの吸収促進素材として「CPP」(カゼインホスホペプチド)を、カルシウム製品への配合素材として提案している。

牛乳(カゼイン)由来「CPP」は、小腸でカルシウムとリン酸の結合を阻止し、一緒に摂取したカルシウムを吸収されやすい状態に保ち、カルシウムの受動輸送を促す機能を持つ。ラット試験では、カルシウムに対して0.35倍のCPP を配合することでカルシウムの吸収が40%上昇したという結果を得ているほか、臨床試験においても有効なデータを有する。

最近ではカルシウムの配合素材として問い合わせが増えており、ダイエット向けや子供製品などのサプリメント、粉末ドリンクなどで利用を伸ばしてきている。また同社はCPPをはじめ、フラクトオリゴ糖「メイオリゴ」や「明治ポリグルタミン酸」などミネラル吸収促進作用のある素材を揃えており、ミネラル素材と併用することでミネラルの効率的な補給が見込めると提案を進めている。

 

関連記事

  1. 丸善製薬、退色・変色防止剤「サンカノンFRL」の利用に関するオン…
  2. 結晶セルロース 旭化成、結晶セルロース「セオラス®」など値上げへ
  3. 池田糖化工業、6-パラドール含量を規格化したジンジャーエキスの販…
  4. B&Gジャパン、発酵ベースの調味素材を日本市場へ
  5. 抗疲労で注目のロディオラ ロゼア
  6. オリザ油化、「アグアヘエキス」に不定愁訴改善作用を有する旨の特許…
  7. 林原、キレの良い苦味を表現できる柑橘由来の味質改善剤「ナリンビッ…
  8. 森永乳業の子会社であるドイツ・ミライ社、ラクトフェリン製造能力を…

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2023 出展者募集中

PAGE TOP