食品素材の記事

カルシウムの吸収性を高める素材「CPP」を積極提案

明治フードマテリアでは、消費者のカルシウム摂取量の不足が続く中、カルシウムの吸収促進素材として「CPP」(カゼインホスホペプチド)を、カルシウム製品への配合素材として提案している。

牛乳(カゼイン)由来「CPP」は、小腸でカルシウムとリン酸の結合を阻止し、一緒に摂取したカルシウムを吸収されやすい状態に保ち、カルシウムの受動輸送を促す機能を持つ。ラット試験では、カルシウムに対して0.35倍のCPP を配合することでカルシウムの吸収が40%上昇したという結果を得ているほか、臨床試験においても有効なデータを有する。

最近ではカルシウムの配合素材として問い合わせが増えており、ダイエット向けや子供製品などのサプリメント、粉末ドリンクなどで利用を伸ばしてきている。また同社はCPPをはじめ、フラクトオリゴ糖「メイオリゴ」や「明治ポリグルタミン酸」などミネラル吸収促進作用のある素材を揃えており、ミネラル素材と併用することでミネラルの効率的な補給が見込めると提案を進めている。

 

関連記事

  1. 東洋新薬、東京大学との連携 第二弾 ―『大麦若葉エキス末』が骨格…
  2. 風味を維持・健康効果も期待できるスイカ抽出物を発売
  3. 日成共益、新たな植物性たん白素材「アーモンドプロテイン」を紹介
  4. 東洋新薬、大麦若葉末の腸内細菌叢改善作用を確認
    ―東京大…
  5. 三菱商事ライフサイエンスの焼きあごだし 三菱商事ライフサイエンス、「だし本番® 」シリーズに焼きあごだし…
  6. 三菱商事ライフサイエンス、トルラ酵母の食後血糖および血中中性脂肪…
  7. 全国で採用が広がる「シールド乳酸菌®M-1」
  8. ラクトフェリン玉不足問題、長期化へ
    アジア・米国市場への対…

おすすめリンク先

10月2日(水)~4日(金)開催
東京ビッグサイト西1・2ホール&アトリウム

PAGE TOP