食品素材の記事

タマ生化学、加熱調理できる高濃度EPA/DHA粉末試販へ

タマ生化学は、加熱調理のできる高濃度EPA/DHA粉末を拡充し、このほどサンプルワークを開始した。

国内の自社工場で製造したマグロ・カツオ由来のDHAオイルとイワシなどの青魚を主体としたEPAオイルを原料に使用し、酵素架橋ゼラチン技術を有する国内協力工場で高濃度のまま粉末化している。

架橋ゼラチン中にEPA/DHA含有魚油を包摂して粉末化(マイクロカプセル化)しているため、臭いが少なく、酸化安定性に優れるのが特徴。小麦粉等への粉/粉混合や練りこみで使用でき、焼菓子など加熱調理した後も魚臭くなりにくく、EPA/DHAが劣化しない。EPA70%品およびDHA70%品をそれぞれ約50%含有した粉末を用いてショートブレッドを作成し、EPA/DHAの成分含量を測定したところ、加熱による劣化はみられなかった。

製品はEPAを300mg/g以上に規格化した「EPAパウダー300」とDHAを280mg/g以上に規格化した「DHAパウダー300」を用意する予定。機能性表示に向けた対応も進めており、DHAでの脳機能に関するSRを完了している。

EPA特有の脳内での抗酸化作用や機能に関する研究、さらにアトピー性皮膚炎への効果などからもEPAの評価が高まっており、高齢者から子供向けに至るまで幅広い層をターゲットとした健康志向食品を視野に入れ、幅広く提案していく意向だ。

関連記事

  1. トルラ酵母由来食物繊維の食後血糖値上昇抑制効果を確認
  2. 消化性と栄養価で世界が注目する「A2ミルク」
  3. 無水マレイン酸・フマル酸事業、製販一体に
    ―扶桑化学工業が…
  4. 油脂コーティングした「コート果実酸」を上市
  5. オリザセラミド®に第3の保湿成分「Elasticamide」(ヒ…
  6. 肌改善、睡眠改善が期待されるオクラ種子エキス末発売
  7. プロテオグリカンが「肌弾力の維持」で機能性表示食品の表示が可能に…
  8. オリザ油化、美容向けの新素材「トマト種子エキス」を開発―10/3…

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 33,000円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2024 出展者募集中

PAGE TOP