関連トピックス

ATP・迅速検査研究会が10/17(木)に定例講演会を開催
簡易・迅速微生物検査への理解を深めるプログラム充実

第40回記念講演会の様子

ATP・迅速検査研究会(伊藤武会長)は10月17日、東京・中央区の月島社会教育会館ホールで「第41回定例講演会」を開催する。

同講演会は、HACCP制度化に伴う食品衛生管理の厳格化を踏まえ、自主検査に位置づけられる簡易・迅速微生物検査への理解を深めるプログラムで構成したもので、広く食品衛生管理に携わる関係者の聴講を呼びかけている。

主なプログラムは、
【基調講演Ⅰ】過去の食中毒事例に学ぶHACCP
(一財)東京顕微鏡院 食と環境の科学センター 名誉所長/ATP・迅速検査研究会 会長 伊藤武氏
【基調講演Ⅱ】食中毒や微生物検査に見る日本と世界の違い
東京海洋大学 学術研究院 食品生産科学部門 教授 木村凡氏
【企業プレゼン】 ㈱エルメックス
【情報提供】「新市場創造型標準化制度」とJIS開発について
経済産業省 産業技術環境局 国際標準課 課長補佐 根岸喜代春氏
【講演Ⅰ】簡易・迅速な微生物検査法について
栄研化学㈱ 営業統括部 マーケティング推進室/ATP・迅速検査研究会 理事 新井正啓氏
【講演Ⅱ】公定法の大腸菌群検査を完全自動化~バイオプティシステムの紹介
㈱協和医療器
となっている。

同講演会の聴講料(テキスト代込み)は、会員が1,000円/名で非会員が3,000円/名。定員は150名で、定員に達し次第、申し込みの受け付けを締め切る。

なお、同講演会の詳細の確認、ならびに申し込みはWeb(atp-jinsokukensa.com/atp-kouen41.html)からも行える。

関連記事

  1. 「ProPakAsia 2020」に日本パビリオンを設置
  2. 穀類由来の食物繊維が、食物繊維摂取量増加の鍵
     ―小麦ブ…
  3. 国際汎用添加物、未指定3品の取組中断を公表
  4. 全国はちみつ公取協が会員企業に義務付け
    「1歳未満の乳児に…
  5. 第26回 カリフォルニア・レーズン ベーカリー新製品開発コンテス…
  6. 結晶セルロース HACCP制度化を踏まえた衛生管理の改善事例を学ぶ
  7. 科学的知見に基づく考え方や添加物の有用性・安全性を啓発
    日…
  8. 日本豆乳協会、2019年4-6月期の豆乳類の生産量が10万kL超…

おすすめリンク先

 食品開発展
 Hi ヘルスイングリディエンツ ジャパン
 FiT フード・テイスト ジャパン
 S-tec セーフティ&テクノロジー ジャパン
 NEW LLj フードロングライフ ジャパン
   
 開催:11月16日(月)~18日(水)
 東京ビッグサイト西1・2ホール&アトリウム

PAGE TOP