食品素材の記事

有胞子性乳酸菌「スポルス®」の便秘改善効果を確認

セティの販売している有胞子性乳酸菌「スポルス®」(Bacillus coagulans Unique IS-2株)は、便秘改善に対する有効性が新たに判明した。100名によるランダム化二重盲検プラセボ対照試験(1群50名)にて同品約330mg/日(20億cfu/日)を含むカプセルを4週間摂取してもらった後、排便回数や便性状について調べた。

すると、排便回数では摂取群が3週間目から増加し、3週間目および4週間目において摂取群・プラセボ群間で有意に増加。便性状をみると、3週間目および4週間目で硬い性状から普通性状となり、有意に改善した。

「スポルス®」は今までも、下痢症状の緩和、IBS患者への効果、オーラルケア、細菌性膣症の緩和、血中コレステロールの低下など様々な機能が調べられてきた。今回新たに便秘改善機能が加わったことで、さらに多様な機能を持つ乳酸菌として紹介できることになった。有胞子性乳酸菌であるため加工しやすく、一般食品にも応用できる。1日摂取量が20億cfuで良く、コストパフォーマンスの良さなどの利点をアピールしている。

関連記事

  1. セティ、乳酸菌「LGG®」をサプリメント用に提供開始
  2. スポーツニュートリション 清水化学、「CarnoSyn®」ブランドのベータアラニン販売開始…
  3. 扶桑化学工業、果実酸類4月から値上げ
  4. 鶏プラズマローゲンの認知機能改善で新知見―丸大食品
  5. リンゴンベリー種子オイルの本格提案を開始
  6. 日新製糖のガラクトオリゴ糖「カップオリゴ®」が米国GRAS認証取…
  7. 減塩と糖質制限についてのトータル提案
    三栄源エフ・エフ・ア…
  8. オリザ油化、シーベリーエキスとノコギリヤシエキスとの相乗効果を発…

おすすめリンク先

PAGE TOP