食品素材の記事

有胞子性乳酸菌「スポルス®」の便秘改善効果を確認

セティの販売している有胞子性乳酸菌「スポルス®」(Bacillus coagulans Unique IS-2株)は、便秘改善に対する有効性が新たに判明した。100名によるランダム化二重盲検プラセボ対照試験(1群50名)にて同品約330mg/日(20億cfu/日)を含むカプセルを4週間摂取してもらった後、排便回数や便性状について調べた。

すると、排便回数では摂取群が3週間目から増加し、3週間目および4週間目において摂取群・プラセボ群間で有意に増加。便性状をみると、3週間目および4週間目で硬い性状から普通性状となり、有意に改善した。

「スポルス®」は今までも、下痢症状の緩和、IBS患者への効果、オーラルケア、細菌性膣症の緩和、血中コレステロールの低下など様々な機能が調べられてきた。今回新たに便秘改善機能が加わったことで、さらに多様な機能を持つ乳酸菌として紹介できることになった。有胞子性乳酸菌であるため加工しやすく、一般食品にも応用できる。1日摂取量が20億cfuで良く、コストパフォーマンスの良さなどの利点をアピールしている。

関連記事

  1. 研光通商、サチャインチプロテイン パワーシェイク新発売
  2. 池田糖化、加工食品に利用しやすい粉末状の冬虫夏草(サナギタケ)を…
  3. 高温で活性があるため、生地にすぐに添加して使える老化防止製剤
  4. ルチンの内臓脂肪低減作用に関するSRの提供を開始
  5. ミニブック発行で「トレハ」の和食での利用を推進
  6. 無水マレイン酸・フマル酸事業、製販一体に
    ―扶桑化学工業が…
  7. 便通改善や免疫活性機能をもつオリゴ乳酸「LAC」―機能研究進む
  8. オリザ油化、トマト種子エキスのアレルギー性皮膚炎改善効果を発見し…

おすすめリンク先

PAGE TOP