食品素材の記事

シャンピニオンエキスは、アンモニア・p-クレゾールの減少により腸内環境を改善

リコムの販売している「シャンピニオンエキス」は、マッシュルームから特許製法で抽出した機能性素材で、ポリフェノールをはじめ、アミノ酸、ペプチド、多糖類などを含む。

機能性表示食品として同社の製品「シャンピニオン爽粒」(D601)が受理されている。「マッシュルーム由来ポリフェノール」を関与成分とし、「腸内腐敗産物として知られるアンモニアやp-クレゾールを減らすことで腸内環境を良好にする」と表示されている。

同社の機能性研究では、健常成人80名を対象とした無作為化割付プラセボ対照二重盲検並行群間比較試験において、4週間の継続摂取によりアンモニアやp-クレゾールの有意な減少が認められている。

シャンピニオンエキスは消臭素材として長年親しまれているが、機能性表示食品の受理を受け、腸内の腐敗産物が及ぼす影響についても詳しく周知していくという。SRを準備し、幅広い紹介を行っている。

関連記事

  1. 森永乳業、ラクトフェリンが樹状細胞(pDC)を活性化することを確…
  2. BASF、天然バニリンなど世界の天然香料市場に参入
  3. プラズマローゲンの構造の違いによる神経細胞への影響を確認
  4. 芽胞を発芽させてから菌数を減らす新手法の制菌剤
  5. ケリー・ジャパン、各種由来の植物たん白・ペプチド製品、特に米ペプ…
  6. 丸紅ケミックス、中国新興メーカーのビタミンCを展開へ
  7. マキベリーエキス「Delphinol®」の骨粗鬆症改善に関する新…
  8. 沖縄産植物素材を原料とした新ブランド「Charging Plus…

おすすめリンク先

PAGE TOP