食品素材の記事

シャンピニオンエキスは、アンモニア・p-クレゾールの減少により腸内環境を改善

リコムの販売している「シャンピニオンエキス」は、マッシュルームから特許製法で抽出した機能性素材で、ポリフェノールをはじめ、アミノ酸、ペプチド、多糖類などを含む。

機能性表示食品として同社の製品「シャンピニオン爽粒」(D601)が受理されている。「マッシュルーム由来ポリフェノール」を関与成分とし、「腸内腐敗産物として知られるアンモニアやp-クレゾールを減らすことで腸内環境を良好にする」と表示されている。

同社の機能性研究では、健常成人80名を対象とした無作為化割付プラセボ対照二重盲検並行群間比較試験において、4週間の継続摂取によりアンモニアやp-クレゾールの有意な減少が認められている。

シャンピニオンエキスは消臭素材として長年親しまれているが、機能性表示食品の受理を受け、腸内の腐敗産物が及ぼす影響についても詳しく周知していくという。SRを準備し、幅広い紹介を行っている。

関連記事

  1. 米国でブームのCBD、日本でも原料紹介が活発化
  2. オリザ油化、米由来セラミドでカナダ保健省のヘルスクレームを承認取…
  3. コラーゲン修復を促進する「ドラコベルNu」
  4. 守田化学工業とAvansyaが次世代のステビア甘味料「レバウディ…
  5. 飲料用に自社素材を紹介、サンプル提案も― 一丸ファルコス
  6. IHMの燃焼系ハーブ「パロアッスル」がAMPK活性化用組成物とし…
  7. 肌のシワ、梁改善機能をもつ発酵ハニーブッシュ発売
  8. ライコレッド、リコピンについて学べる「リコペディア」開設

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

おすすめリンク先

PAGE TOP