食品素材の記事

溶解性と味質がクリアな新イチョウ葉エキス開発

丸善製薬は、溶解性と味を改良した新イチョウ葉エキス製剤「クリアギンコ」の販売を開始する。

独自処方で澄明に溶解し、イチョウ葉エキス特有のにおいや風味、渋み、苦み、後味などを改善しており、従来品よりも飲みやすく、クリアな味に仕上げている。機能性表示食品対応素材として、飲料をはじめ幅広い食品に提案していく。

同社では、イチョウ葉エキスとして「記憶力(言葉や図形などを覚え、思い出す能力)を維持する」旨の機能性表示食品などに受理実績があり、届出に関連する研究レビューや品質面についても万全な体制を敷いている。脳の血流改善を含めた研究レビューも対応可能である。機能性表示食品向けでは、クリアギンコとしての配合目安量は400mg/日、または600mg/日となっている。

なお、「クリアギンコ」の特徴を説明した動画をYouTubeに公開している。

 

関連記事

  1. 沖縄産の5種類のフルーツを配合した原料の供給を開始
  2. 微量ミネラル酵母の受注が好調、原料供給とOEMに対応
  3. デュポン、植物性食品・飲料向けの乳酸菌カルチャーを発売
  4. GABAの認知機能における有効性を確認
  5. アジアで伸長するコスクラ社のイヌリンとエンドウ豆たん白
  6. 日成共益、「飲む美容液」としてブームの「ビーフボーンブロス」の取…
  7. オリザ油化、「花椒オイル」の抗う蝕作用を発見
  8. 鶏ムネ肉プラズマローゲン摂取による認知機能低下予防作用を発表

おすすめリンク先

PAGE TOP