食品素材の記事

セラミドに含まれる「β-シトステロールグルコシド」の保湿作用に関する学術論文が科学雑誌に掲載

オリザ油化では、米由来セラミド「オリザセラミド®」にはグルコシルセラミド以外にも有効成分が含まれており、それが「β- シトステロールグルコシド(BSG)」であることを突き止めている。

さらにBSGの保湿作用について、宇都宮大学の特任教授 芋川玄爾博士との共同研究を行い、BSGに皮膚の角層セラミドを増加させる効果があることを見出した。本研究成果が査読付き科学雑誌「PLOS ONE」に受理され、公表されることとなった。

本研究は、ヒト表皮の三次元培養モデルを用いてBSGの角層セラミド量への作用、セラミド合成に関与する酵素の発現量への作用を評価したもの。BSGにより角層セラミド量が有意に増加するとともに、保湿に重要とされるセラミドEOS量が有意に増加することも分かった。さらに、セラミド合成に関与する酵素であるセラミドシンターゼ(CerS)およびグルコシルセラミドシンターゼ(GCS)の発現増加も確認された。これらの結果より、BSGは角層セラミドを増加させることによって皮膚の保湿力を高める作用があることがわかった。

「オリザセラミド®」は、主成分のグルコシルセラミドに加え、副成分のBSGも保湿作用を有することが明らかとなったことから、これら有効成分による相乗的な保湿作用が期待できる素材であると考えられた。なお同社は、本データを基にした特許(特許第6723737)も取得している。

論文原題
Takeda S. et al., β-Sitosterol 3-O-D-glucoside increases ceramide levels in the stratum corneum via the up-regulated expression of ceramide synthase-3 and glucosylceramide synthase in a reconstructed human epidermal keratinization model.
PLOS ONE, 16(3), e0248150 (2021)

関連記事

  1. ピーカンナッツの殻由来の不溶性食物繊維素材を本格販売
  2. 海藻由来アスコフィラン、感染症予防で引き合い
  3. 減塩―つけすぎない工夫も大事
  4. カイコ冬虫夏草から認知機能を改善する新規物質を発見
  5. 機能性小麦グルテンで低糖質・高たん白のパン、生うどん作りを提案
  6. 藻類由来高濃度DHAオイルを上市
  7. EC-12の供給不安が完全解消、さらなる利用拡大に向け提案を強化…
  8. デュポン、複数菌株・高用量のプロバイオティクス製剤の メリットを…

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 33,000円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2024 出展者募集中

PAGE TOP