関連トピックス

コメ需要の長期的減少などが反映、食料自給率は37%

農林水産省は8月25日に、令和2年度食料自給率・食料自給力指標について発表した。
カロリーベースの食料自給率は前年度より1ポイント下がり37%、生産額ベースの食料自給率では前年度より1ポイント高い67%となった。

■カロリーベース食料自給率
原料の多くを輸入に頼る砂糖、でん粉、油脂類等は消費が減少したものの
米の需要・・・長期的に減少
小麦・・・前年が特に作柄が良く、それに比べて単収が減少した
などの理由で前年度より1ポイント低い37%となった。

なお、畜産物の生産が増加したことにより、品目別自給率(重量ベース(飼料自給率を反映しない))は、
牛肉 35%→36%
豚肉 49%→50%
鶏肉 64%→66%
牛乳・乳製品 59%→61%
と、それぞれ上昇し、カロリーベース食料国産率(飼料自給率を反映しない)は前年度と同じ46%となった(飼料自給率は前年度と同じ25%)。

■生産額ベース食料自給率
豚肉、鶏肉、野菜、果実等の国内生産額が増加
魚介類、牛肉、鶏肉、豚肉等の輸入額が減少
などにより、前年度より1ポイント高い67%となった。

詳細は農林水産省のHPをご覧ください
https://www.maff.go.jp/j/press/kanbo/anpo/210825.html

関連記事

  1. 林原、岡山大学とSDGs産学パートナーシップに関する協定を締結
  2. 「シェアシマ」のICS-netがイワキと資本業務提携を締結―⾷品…
  3. 食品開発展2017 盛会裡に閉幕
  4. ギリシャ古来のスーパーフード「ヒオス島産マスティハ」の
    口…
  5. 松谷化学工業、香川大学と包括的な連携契約を締結
  6. 豆乳 家庭内で豆乳購入率が増加し、高校生の摂取頻度が増加傾向に
  7. 太陽化学、ICoFF2019でグアーガム分解物の腸内環境への影響…
  8. 物産フードサイエンス、「ケストースによる生活習慣病予防・改善効果…

おすすめリンク先

PAGE TOP