食品素材の記事

米ぬか由来の栄養強化素材、血圧・肥満予防に期待

築野食品工業は、米ぬかから水溶性成分を抽出した栄養強化素材「RICEO-EX」に血圧や肥満を改善する高い予防効果を見出した。RICEO-EXはマグネシウム等のミネラル成分や水溶性食物繊維、IP6 (イノシトール6リン酸)を約30%含有する淡黄色~淡褐色の水溶性粉末素材。血管機能に関わる遺伝子発現上昇や、脂肪細胞の油滴蓄積およびそのメカニズムを細胞試験で検討した。

その結果、RICEO-EXによって、血流調節因子COX1及び血管拡張因子eNOS、さらに血管構造安定化因子Tie2の遺伝子発現量の上昇を確認。eNOS遺伝子およびTie2遺伝子発現量は濃度依存的に上昇し、0.1%の添加量でそれぞれ1.5倍~2倍に上昇した。また脂肪細胞の油滴蓄積について染色画像を用いて評価したところ、0.1%の添加量で大幅な低減効果を確認している。

これらの検証をもとに、血管機能の維持・調節や肥満に関わる油滴低減作用が期待できるとし、生活習慣病や更年期症状などの体の不調に対する食品素材として提案していく方針。副次的に味質改善効果もあり、完全食への利用も進めている。

なお、この研究成果は6月8日、9日に富山国際会議場で開催された日本食品化学学会第29回総会・学術大会でも報告している。

分化処理後の油滴低減作用を示す明視野画像
     分化処理のみ(左)     分化処理+RICEO-EX0.1%(右)

 

 

関連記事

  1. 藻類由来高濃度DHAオイルを上市
  2. 家庭需要の増加など最近の消費者ニーズに適した機能性油脂の新製品
  3. 鮭の白子に豊富なポリアミン
  4. 尿酸値上昇抑制作用で機能性表示を目指す「アンセリン」
  5. 減塩―つけすぎない工夫も大事
  6. オリザ油化、「菊の花エキス」の尿酸値低下作用に関する新たな臨床試…
  7. ミニブック発行で「トレハ」の和食での利用を推進
  8. サンエフ、マコモ抽出物を“飲む抗しわ素材”として提案

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 33,000円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2024 出展者募集中

PAGE TOP