食品素材の記事

天然由来のカロテン類が残存する植物性食用オイルを販売

神戸化成は、アブラヤシの果肉を原料とするパームフルーツオイル中のカロテン類を残存させた植物性食用オイル「カロオイルN」のサンプルワークを開始した。

一般的な食用パーム油の場合、精製過程で250˚C以上の高温で処理するため、カロテン類等の栄養成分がほとんど消失してしまうが、カロオイルNはマレーシア産のパーム原油を分子蒸留により精製しているため、カロテン類が豊富に残っている。同品を加えることで玉子感をアップさせる効果があり、クッキングオイル(植物油脂)として様々な食品に使用できる。

推奨用途は、菓子、食パン、卵サラダ、カツ・コロッケ(揚げ油)など。菓子・デザートへの応用例では0.05~0.1%の配合量で、卵黄豊富な調理感も演出できる(図)。原材料の高騰が続くなか、製造コスト面をカバーする点でも期待が高い。

賞味期限は製造後540日間(未開封)。1kgポリ容器×6個/ダンボールケースでの提供。

 

関連記事

  1. 蝶理、高麗人参を美肌向け素材として提案
  2. カーボンニュートラルを実現した腸内環境改善素材
  3. 脂肪肝、メタボ予防に期待高まるアーティチョーク葉抽出物
  4. エクセルバイト社、EVNol SupraBio™がNGFに関与す…
  5. サンエフ、マコモ抽出物を“飲む抗しわ素材”として提案
  6. 代謝マスタースイッチと肥満抑制スイッチをONにするUKOGIN(…
  7. 睡眠改善機能をもつカジメ抽出物
  8. 自社栽培した冬虫夏草(サナギタケ)を活用した「東方虫草エキス顆粒…

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2023 出展者募集中

PAGE TOP