技術・機器の記事

UV蛍光を用いた水中油分(PAH)濃度計

サニートレーディングは、水中に溶存する油分(PAH-多環式芳香族炭化水素)濃度を測定する新世代の浸漬型センサ「enviroFlu-HC」を取り扱っている。

同センサの測定原理はUV蛍光法で、従来用いられてきた赤外線散乱法や吸収法に比べて高精度な測定が行えるのが特徴。同センサを用いることで、飲料水や冷却水などの凝縮水中に含まれるわずかなPAHの痕跡さえも測定することができる。

応用分野としては、石油化学産業、冷却水や排水の流れの中での油漏れ検知、水質環境モニタリングなどが挙げられる。同センサは、シャフト、フロー、配管での定置使用と、オプションのハンドヘルド測定器による移動使用のいずれも可能だ。高度なコーティング技術により、光学測定窓の汚れを軽減し、メンテナンスを最小限に抑えることができる。

関連記事

  1. 紙・プラ代替素材「LIMEX」の用途開発で基本合意
    LIM…
  2. 熱流、応力が可視化できる赤外線応用可視化システム開発
  3. HACCP温度モニタリングに最適なデータロガーを種々ラインアップ…
  4. HACCP・ウイルス対策に最適な手洗い用タッチレスタイマー
  5. 30種類以上の天然素材を利用した消臭システムにコンパクトタイプ登…
  6. HACCP対応で注目される防虫粗じんフィルタ・ユニット発売
  7. 使用頻度の高い4つのタイマーを登録できるプリセット機能を搭載
  8. 品質管理業務効率化を目指した帳票のデジタル化を提案

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

おすすめリンク先

PAGE TOP