食品素材の記事

SIRT1活性化作用をもつ黒ウコンエキス、NMNとの併用で相乗効果

常磐植物化学研究所は、タイ原産の伝統生薬である黒ウコンを抽出・精製した「SIRTMAX®(サートマックス)」の長寿遺伝子・SIRT1活性化作用を紹介している。黒ウコンの特徴成分であるKPMF(PolyMethoxyFlavonoid from Kaempferia parviflora)を規格したエキス末で、臨床試験においてSIRT1のmRNA発現量増加を確認している。

同社と武蔵野大学との共同研究では、「サートマックス」のSIRT1活性化作用はレスベラトロールの5倍以上であることが判明している。また、同社が独自に実施したin vitro試験では、「サートマックス」とNMNの同時添加によりSIRT1活性化作用の相乗効果が確認されている。

異なるメカニズムの2素材を組み合わせることで、より効果的にアンチエイジングへアプローチができるとして積極的に紹介している。海外、特に米国で採用が活発で、日本でもNMNとの配合商品が既に上市されている。なお、「サートマックス」とNMNの組み合わせによるSIRT1活性化については特許を申請している。

※黒ウコンエキスのアンチエイジング効果については「食品と開発」7月号にレポートを掲載。
「超高齢化社会を支える期待のアンチエイジング素材」(株)常磐植物化学研究所 鈴木麻衣子
食品と開発7月号の目次はこちら
ご興味のある方は、ぜひご購読ください。 ご購読についてはこちら(単月売りもしています)

関連記事

  1. 東洋新薬、大麦若葉末の腸内細菌叢改善作用を確認
    ―東京大…
  2. 温活素材「ジンジャーエキス」透明タイプ発売―池田糖化工業
  3. フラバンジェノールのテロメラーゼ活性化と、育毛作用の可能性
  4. 減塩―つけすぎない工夫も大事
  5. 胃の健康サポート向け素材として金銀花つぼみ抽出物を国内で販売開始…
  6. シネトロールとL-カルニチンでスポーツパフォーマンス向上
  7. 舌で感じる濃厚感や風味が持続、奥野製薬、小麦たん白分解物「ブラボ…
  8. プロテオグリカンが「肌弾力の維持」で機能性表示食品の表示が可能に…

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

おすすめリンク先

PAGE TOP