関連トピックス

Vitafoods Asia 2022 10月にFi Asiaと共同開催 ―登録受付を開始
バンコクの会場(対面)とオンラインの同時開催

アジアにおける栄養補助食品、機能性食品および飲料業界の事業展開にとって有力な展示会「Vitafoods Asia 2022」が登録受付を開始しました。なお、Vitafoods Asia史上初の試みとして、バンコクのFi Asiaと共同開催となります。開催期間中は21,000人以上の来場者に加え、栄養補助食品および食品飲料業界から600社以上のグローバルサプライヤーの参加が見込まれています。

◆イベントおよび登録オプションの詳細は、こちらでご確認ください
http://www.vitafoodsasia.com

Vitafoods Asia 2022(ハイブリッド開催)
◆10月5日~7日:バンコクのクイーンシリキット・ナショナル・コンベンション・センター(QSNCC)にて対面開催
◆9月26日~10月10日:オンライン開催

今年のイベントのハイライト
•会場メインステージにて、エキスパートが選んだ開催地域の主要トレンドとテーマを紹介
•プロバイオティクスとオメガ 3 脂肪酸に関するリソースセンター
•新製品ゾーン
•試食/試飲コーナー

インフォーママーケッツ グループ ブランドディレクター ジュリアン・ボンヴァレ より
「今年はFi Asiaと共同開催することで、コミュニティが集まる上で、今まで以上に有意義な場を提供していきます。開催地域においては、現在も一部の移動規制が残っているため、2 つの主要イベントを共同開催することで、来場者および展示企業にとって、可能な限り参加しやすいイベントにしたいと考えました。また、栄養補助食品と機能性食品業界の線引きが薄れてきていることに加え、開催地域における消費者が、ホリスティックな健康への関心を強めていることを考慮すると、新材料の発見、新規製剤や応用の模索からサプライチェーンの強化に至るまで、共同開催による、イノベーションと事業成長の推進に向けた貢献が期待されます。無数の可能性を創造することができるのです。」

関連記事

  1. 「食品ITフェア2019」を3月5日・8日に開催
     話題R…
  2. 太陽化学、機能性素材の製剤化とin vitroによる吸収性の評価…
  3. S-アリルシステインの認知度向上のため「SAC研究会」立ち上げ
  4. 新たな食品改質剤―歩留り・栄養素を保持し、省電力・CO2削減も解…
  5. 林原、岡山機能糖質工場A棟が本格稼働
  6. 食品開発展オンライン プレゼンテーションイベント4月開催、聴講登…
  7. デュポン N&H、アルギン酸事業をJRS Groupに…
  8. 食品開発展2018、盛会裡に閉幕

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 33,000円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2024 出展者募集中

PAGE TOP