食品素材の記事

男性更年期に対するエビデンスを取得した田七人参エキスを紹介

日本薬業では男性の更年期症状改善のエビデンスを取得した新開発の「田七人参エキス」を10月12~14日の食品開発展でお披露目する。

田七人参エキスの男性更年期に対する試験では、男性ホルモンであるテストステロン分泌を促し更年期の諸症状を緩和することを見出した。エキスはギンセノシドRg1+Rb1 10%以上で規格化。田七人参特有のにおいを軽減し飲みやすくし、多用途に応用可能とした。

10月13日には食品開発展で「男性更年期のQOL改善にための提案」と題したプレゼンテーションを開催する。また田七人参エキスの詳細レポートは月刊『食品と開発』10月号に掲載している。

関連記事

  1. 三栄源エフ・エフ・アイ、パーム油カロテン製品を来年1月より販売
  2. 太陽化学、グアーガム酵素分解物の脂肪性肝疾患に対する効果を発表
  3. ミニブック発行で「トレハ」の和食での利用を推進
  4. 北海道産の「赤ビーツ」パウダーの原料販売を開始
  5. 脳機能改善作用をもつブルーベリー&グレープ混合物
  6. ツルヤ化成工業、食添グレードのアジピン酸のサンプルワークを開始
  7. カーボンニュートラルを実現した腸内環境改善素材
  8. 味の素、培養肉スタートアップへ出資

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2023 出展者募集中

PAGE TOP