食品素材の記事

男性更年期に対するエビデンスを取得した田七人参エキスを紹介

日本薬業では男性の更年期症状改善のエビデンスを取得した新開発の「田七人参エキス」を10月12~14日の食品開発展でお披露目する。

田七人参エキスの男性更年期に対する試験では、男性ホルモンであるテストステロン分泌を促し更年期の諸症状を緩和することを見出した。エキスはギンセノシドRg1+Rb1 10%以上で規格化。田七人参特有のにおいを軽減し飲みやすくし、多用途に応用可能とした。

10月13日には食品開発展で「男性更年期のQOL改善にための提案」と題したプレゼンテーションを開催する。また田七人参エキスの詳細レポートは月刊『食品と開発』10月号に掲載している。

関連記事

  1. 希少糖プシコース「ASTRAEA」を全国発売
  2. 有胞子性乳酸菌「スポルス®」-アミノ酸吸収の増加と筋力への影響を…
  3. オリザ油化、「菊の花エキス」の尿酸値低下作用で機能性表示食品への…
  4. 卵殻膜ペプチドNEM®の変形性膝関節症に対する有効性の論文が学術…
  5. オリザ油化、「花椒オイル」の抗う蝕作用を発見
  6. スパイスで認知症予防を考える
    ―ウコン由来ターメロン、ゴ…
  7. 機能性表示食品対応のトマトリコピン製剤を上市
  8. ルチンの内臓脂肪低減作用に関するSRの提供を開始

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

おすすめリンク先

PAGE TOP