関連トピックス

築野食品工業、⽶ぬかの研究開発拠点となるTIWセンターを設⽴

築野⾷品⼯業は、本社所在地の和歌⼭県伊都郡かつらぎ町にある旧紀の川⾼等学校跡地を活⽤し、⽶ぬかの研究開発拠点となる「TSUNO innovation & welfare center (TIWセンター)」を設⽴した。

TIWセンターでは、こめ油の啓蒙活動や米ぬか成分の研究開発を行うほか、従業員の育成や福利厚生の場として活用する。研究開発強化の一環として、紀の川⾼校の旧校舎内に、細胞実験施設やグルテンフリー製造施設を新設するほか、オレオケミカル分野の研究開発施設を開設し、体制の充実化を図る。

また研究開発の拠点としてのみならず、地元かつらぎ町の活⼒を再⽣し、課題解決に向けた取組みを実施する施設として、様々な活動を⾏う予定。TIWセンターを通じて、“⽶ぬか”が⾝近な製品であることを発信し、お⽶の活⽤⽅法や健康⾯や美容⾯で研究報告されている⽶ぬか由来の機能性成分についての解説を⾏うなど、地域住民の健康意識を⾼め、健康⻑寿の達成を⽬指す、としている。

関連記事

  1. 新工場「インテリジェンスパーク」起工式を挙行―東洋新薬
  2. 食品と開発 ニュース 機能性表示食品で初、免疫機能を表示した製品が受理
  3. 三栄源エフ・エフ・アイ、日本果汁協会技術奨励賞を受賞
    「…
  4. 龍泉堂、第1回学術セミナーを開催-代替医療の話題や同社素材の紹介…
  5. 結晶セルロース HACCP制度化を踏まえた衛生管理の改善事例を学ぶ
  6. 昭和産業、サンエイ糖化を完全子会社化、一層強固な安定供給体制と、…
  7. デュポン、プラントベース素材の新コンセプト「Danisco Pl…
  8. 厚生労働省、第四次「消除予定添加物名簿」候補68品目を再調査―申…

おすすめリンク先

PAGE TOP