未分類

食物繊維素材の最新利用動向

食物繊維は我々の食生活において不足しがちな栄養素として、カルシウムとともに摂取の重要性が説かれている。第6次改定栄養所要量においては、1日当たりの目標摂取量が成人で20~25g(10g/1,000kcal)と設定されている。だが、ここ数年の国民栄養調査から算出した食物繊維の摂取量を見ても、改善方向に向かっているとは言い難い。その一方で、食物繊維の持つ各種疾病予防作用が明らかになる中、その機能性を利用した食品の開発も進んでおり、特定保健用食品をはじめ、様々な形態の食品に利用されている。また、繊維強化目的に比べ一品当たりの使用量は少ないが、保水性・保型性、安定性などの物性を活かした需要も大きくなっている。
本稿では、各種食物繊維素材の利用動向と市場状況などについてみていく。


●注目される食物繊維関連企業
・旭化成
・伊那食品工業
・カイゲン
・研光通商
・コロイドナチュレルジャパン
・シキボウ
・清水化学ー
・ダイセル化学工業
・太陽化学
●注目される食物繊維関連企業
・ダニスコカルタージャパン
・日本食品加工
・日本製紙
・日本甜菜製糖
・不二製油
・松谷化学工業

関連記事

  1. 【1月号】簡易・迅速微生物検査法の開発動向
  2. 変わる食品表示シリーズ5
  3. 【市場動向】ポリフェノール食品・素材の市場動向
  4. 【4月号】食品の付加価値を高める分離・ろ過技術
  5. 注目の食品フレーバー2007
  6. 【2月号】スポーツフード素材の市場動向
  7. NEWS ARCHIVES
  8. 乳化剤の最新動向

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

おすすめリンク先

PAGE TOP