未分類

食品産業における異物混入対策

市場動向と異物混入対策の関連動向を中心に
近年、異物混入事故による社会的な影響が企業の業績に大きく関わってきている。従来は、異物混入事故は比較的表面化することなく処理されることも多かったが、消費者の苦情が消費者センターやマスコミ等を通じて公報されるケースも増え、スーパー・コンビニエンスストア等消費者と接する小売り流通業界が危機感を持ち、場合によっては食品・飲料メーカーとの取引停止を含めた過剰ともいえる反応を見せている。そのため食品・飲料メーカー等での危機意識も高まり、異物混入対策等の衛生管理に真剣に取り組む動きが広まった。当然、こうした食品製造や小売り流通業界の異物混入に対する意識の変化に伴って、関連する「異物混入対策製品」に対する関心も高まり、設備投資も否応なく進められている。
本稿では異物混入対策に対する市場動向を、衛生資材や各種の検査機器、選別・除去装置、サービス、エンジニアリングなど、関連各社の製品動向を見ながら紹介していく。

関連記事

  1. 【8月号】たん白・ペプチド素材の市場動向
  2. 【品質安全】衛生指導の現場での利用進むATPふき取り検査法の最新…
  3. 食品品質管理に欠かせない温度管理技術
  4. 【素材レポ】注目の抗酸化素材“リンゴポリフェノール”
  5. 【4月号】抗ストレス食品・素材の最新動向
  6. 匂い・味&テクスチャーの測定技術
  7. 【支援技術】食品製造プロセス&環境対策で用途拡がる分離・濾過技術…
  8. 【8月号】たん白・ペプチド素材の市場動向

おすすめリンク先

PAGE TOP