技術・機器の記事

新資源としての藻類研究を加速化する可搬ユニット型の微細藻類培養装置を開発

三菱化工機アドバンスでは、次世代の資源として研究が活発化している微細藻類の可搬ユニット型培養装置「AlgaCube」を発売した。

同社ではこれまで大型の培養装置も手掛けていたが、研究用に装置の小型化が必要と考え、小容量からスタートし徐々にスケールアップでき、どこでも設置できる可搬ユニット型の装置を開発した。

原理はポンプ循環を行いながら太陽光及びLED灯の光源をガラス管培養槽へ受光させる閉鎖式培養法。温度、光など培養条件を決めてからは、可搬型なので屋内、屋外どちらでも使用可能で、閉鎖型リアクターなのでコンタミネーションを抑えられる。

同社では培養装置の販売だけでなく、藻類培養から収穫、乾燥に関する設備のエンジニアリングまで行っており、ユーザーの要望に合わせ、計装器、ポンプ、補機類などカスタマイズも可能。

関連記事

  1. 高品位・高速印字を実現 自動洗浄機能で省人化を支援
  2. 固形物入り高粘度液体に最適な新型充填ノズル搭載
  3. テストー 耐熱・耐圧データロガーなど新製品4アイテムを発表
  4. 工場内感染予防に効果「エアーサプリ」を開発
    -ヒノキチオー…
  5. 生産計画・実績管理システムの提案を加速ーセイノー情報サービス
  6. 生産性向上や省エネ実現で中空糸膜モジュール導入が急増
  7. 防水型デジタル温度計に無線通信モデルを追加
  8. 手洗い用タッチレスタイマーに新色をラインアップ

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 33,000円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2024 出展者募集中

PAGE TOP