関連トピックス

一般社団法人細胞農業研究機構が設立総会を開催 – 細胞農業によるサステナブル社会の実現を目指す

(一社)細胞農業研究機構 代表理事 吉富愛望アビガイル氏

今月22日、東京・東京大学駒場内において、「一般社団法人細胞農業研究機構」の設立総会が開催された。同総会では、細胞農業によるサステナブル社会推進議員連盟事務局長であり衆議院議員でもある中山展宏氏をはじめ、関係省庁(経済産業省、農林水産省)や参画企業(味の素(株)、日本ハム(株)、ダイバースファーム(株))の代表者からの挨拶が行われ、トークセッションや培養肉の炙り体験なども実施された。

「一般社団法人細胞農業研究機構」は、細胞性食品や細胞農業の在り方や社会実装に関して、食品業界関係者や消費者を含む様々な観点から意見交換を行い、解決策を模索するために設立された。その活動目標として、正確な情報の把握と誠実な発信、公益への貢献、日本の国際的な議論への参画促進を挙げている。約40の企業やアカデミアで構成されている。 2019年の前身組織から活動を開始し、昨年12月に法人化されたばかりだ。

細胞農業は、動植物から採取した細胞に栄養を与えて増殖させ、食品として生産する技術。細胞性食品は、この細胞農業技術を用いて生産された肉や魚などを指し、培養肉とも呼ばれている。今後、細胞性食品は、サステナビリティやプロテインクライシス対策などの課題解決の有力なものとして期待が高まっている。

関連記事

  1. 食品と開発 ニュース イングレディオン、でん粉の生産能力増強を計画―中国・山東工場を拡…
  2. 物産フードサイエンス、メタジェンとケストースの共同研究を開始
  3. グローバルニュートリショングループ、アイメックRD、インテグレー…
  4. 林原、「エコレールマーク」の取組企業認定・商品認定を取得
  5. 技術者のためのマネジメントに関する多角的な講演―油化学セミナー
  6. 老化時計を遅らせて健康長寿を目指す―第6回 林原ライフセミナーを…
  7. 物産フードサイエンス、「ケストースによる生活習慣病予防・改善効果…
  8. 豆乳は様々な用途に広がり生産量は順調-各社の新製品も続々

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 33,000円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2024 出展者募集中

PAGE TOP