関連トピックス

腸内細菌学会学術集会(6月)事前登録を開始

(公財)腸内細菌学会では、6月に第24回腸内細菌学会学術集会を開催する予定で、2月より事前登録を開始した。

■第24回 腸内細菌学会学術集会
メインテーマ:腸内細菌と宿主の共生-ライフコースの健康と病気を紐解く-
日時:6月11日(木)、12日(金)
場所:札幌サンプラザ(札幌市北区)
参加事前登録期間:2月3日(月)~5月11日(月)
大会URL:https://bifidus-fund.jp/meeting/index.shtml

■主な内容
6月11日(木)
〇海外特別講演
“Defensins: Pleiotropic Mediators of Innate Immunity”
Andre J. Ouellette (University of Southern California)
〇特別講演
「メタゲノムおよびメタボローム解析によるヒト腸内環境由来大腸がん関連因子の特定」
山田 拓司(東京工業大学)

〇市民公開講座」健康になる食事と腸内細菌」
國澤  純(医薬基盤・健康・栄養研究所)
福田 真嗣(慶應義塾大学先端生命科学研究所)
吉野 正則(日立北大ラボ、北海道大学COI 拠点)

6月12日(金)
〇シンポジウム1 『宿主からみた共生・腸内細菌からみた共生』
鈴木 敬一朗(理化学研究所)、中村 公則(北海道大学)ほか
〇シンポジウム2『Developmental Origins of Health and Disease(DOHaD)と腸内細菌』
山城 雄一郎(順天堂大学)、木村 郁夫(東京農工大学)ほか

学会の詳しい内容は大会ホームページをご覧ください
https://bifidus-fund.jp/meeting/index.shtml

関連記事

  1. BASF とGlycosyn、知的財産権の保護に成功
  2. 豆乳は様々な用途に広がり生産量は順調-各社の新製品も続々
  3. 龍泉堂、第1回学術セミナーを開催-代替医療の話題や同社素材の紹介…
  4. キミカ、世界水準の研究設備と環境性能を備えた新社屋が竣工
  5. 営業許可・届出業種を整備へ―厚労省、食品の営業規制に関する検討を…
  6. 「令和元年度食料・農業・農村白書」の公表-農林水産物・食品の輸出…
  7. 明治、フラクトオリゴ糖啓発セミナーで、フラクトオリゴ糖の健康価値…
  8. 豆乳 2023年豆乳類の生産量は398,485kL、無調整豆乳が好調

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 33,000円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2024 出展者募集中

PAGE TOP