未分類

【市場動向】食用塩の市場動向

~加工食品の差別化で伸長する特殊製法塩~


 塩が完全自由化されて早くも5年が経過しようとしている。国内外問わず数多くの食用塩が流通するようになり、家庭用、食品加工用合わせて1,500種類以上が流通しているといわれる。一方、食用塩全体のマーケットは人口減少社会への突入、健康志向、食習慣の変化などを背景に下降トレンドで推移しており、さらにエネルギーコストの上昇、包装・輸送費の高騰などが影響し、供給サイドはここ数年厳しい環境下に置かれている。
 本稿では、06年の業界トピックスやトレンドを盛り込みながら、今後ますます競争激化が予測される食用塩市場を取り巻く環境をレポートする。
【主なサプライヤー】
青い海
天塩
あらしお
塩友商事
ジャパンソルト
日本塩工業会
日本精塩
日本緑茶センター
伯方塩業

関連記事

  1. 地域農産物活用のための高機能食品開発プロジェクトを追う
  2. 【素材レポ】すいおう(甘藷若葉末)の機能性と展望
  3. 食品機械用潤滑剤の利用動向
  4. 【2月号】食品加工用酵素の市場動向
  5. 【特別レポ】機能性食品成分の体内利用率の解明―ポリフェノールを中…
  6. 海外開発トピックス
  7. 始まった人口減少と食品業界の課題
  8. 【品質・安全】洗浄バリデーション法として定着するATPふき取り検…

おすすめリンク先

PAGE TOP