関連トピックス

機能性表示食品で、新たな機能性関与成分により受理された商品

消費者庁は7月19日に同庁ホームページ上の「機能性表示食品制度届出データベース」の届出情報を更新した。今回新たに機能性表示食品として届出受理された商品のうち、新たな機能性関与成分で受理された2商品について紹介する。

■届出番号:I266「ペクチンケアー」 ユニテックフーズ
機能性関与成分 りんご由来HMペクチン
機能性表示 「本品にはりんご由来HMペクチンが含まれます。りんご由来HMペクチンには、食事と一緒に摂取することで食後の血糖値の上昇をおだやかにする機能が報告されています。」

ペクチンを機能性関与成分とした商品は初となる。ペクチンはゲル化剤、増粘剤、安定剤として食品加工に広く使われているが、ペクチンは水溶性食物繊維でもあり、水溶性食物繊維として機能性を有する面も持つ。

■届出番号:I277「テトラメチルルテオリンタブレットTF(ティーエフ)」東洋新薬
機能性関与成分 黒ショウガ由来テトラメチルルテオリン
機能性表示 「本品には、黒ショウガ由来テトラメチルルテオリンが含まれます。黒ショウガ由来テトラメチルルテオリンには、日常生活における一時的な疲労感を軽減する機能があることが報告されています。」

黒ショウガ(ブラックジンジャー)は、機能性表示食品では「ブラックジンジャー由来ポリメトキシフラボン」を機能性関与成分として脂肪燃焼機能や歩行能力維持などの機能で多くの商品が受理されているが、このたび受理された機能性関与成分「黒ショウガ由来テトラメチルルテオリン」は、これまでに届出実績のない新規の機能性関与成分となる。さらに、黒ショウガ関連での疲労感軽減訴求についても初めてのこと。

関連記事

  1. 築野食品工業、⽶ぬかの研究開発拠点となるTIWセンターを設⽴
  2. 豆乳 豆乳購入率や高校生の豆乳摂取頻度が増加傾向―日本豆乳協会、高校生…
  3. 豆乳 2022年4-6月期における豆乳類の生産量は106,916kL …
  4. 第3回 DSMサステナビリティ経営フォーラム (「東京栄養サミッ…
  5. デュポン N&H、アルギン酸事業をJRS Groupに…
  6. 噛むことと健康との関連性を研究する研究会が発足
    調査研究を…
  7. 豆乳 2022年の豆乳類全体の生産量は416,329kL(前年比98.…
  8. オリザ油化の化粧品用素材「コスメハーベスト®ブラッククミン」、体…

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 33,000円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2024 出展者募集中

PAGE TOP