関連トピックス

トコトリエノール複合製剤EVNol SupraBio™が糖尿病性網膜症の網膜出血を減弱させることを臨床試験で解明

トコトリエノールやカロテノイドの世界的サプライヤーであるマレーシアのエクセルバイト社(ExcelVite)は、同社のトコトリエノール複合製剤「EVNol SupraBio™」(エヴァノール・スープラバイオ、以下SupraBio)が糖尿病性網膜症の網膜出血を減弱させることを臨床試験で確認したと発表した。

モナシュ大学マレーシア校医学部の内分泌学者ハーリド・カーディル名誉教授のグループによる研究で、糖尿病性網膜症のある2型糖尿病患者43人が、プラセボ群、SupraBio 400mg/日摂取群に分け、8週間の摂取後に測定。その結果、SupraBio摂取群では、右眼の網膜出血が有意に減少していた。加えて、8週間のSupraBio摂取は、肝機能マーカーであるアスパラギン酸アミノ基転移酵素(AST)とアラニンアミノ基転移酵素(ALT)の有意な改善をもたらすことも明らかにされた。

今回の研究では糖尿病性網膜症患者における血清バイオマーカー(AGE、sRAGE、Nε-CML、シスタチンC)の有意な改善は認められなかったが、対象者の平均18.5年という長期にわたる糖尿病疾患に比べ、SupraBioの摂取期間が8週間と短かったことが要因と考えられている。そのため長期摂取の必要性も鑑みられたが、いずれにしても、今回の結果により、SpuraBioが糖尿病性網膜症治療の補助となる可能性が示唆されたと考えられた。

※糖尿病性網膜症
糖尿病合併症の一つで、血糖値の高い状態が長期間続き、網膜の血管に損傷が及ぶときに発生する。初期の段階では何の徴候も認められないか、あっても視覚に軽度の問題が見つかる程度だが、この合併症は進行する場合があり、成人の失明の主要要因ともなっている。そのため、有効な治療法が求められている。

関連記事

  1. 造血ホルモン増加による貧血改善-アサイーの市場拡大を目指して情報…
  2. 太陽化学、免疫・栄養研究のため京都府立医科大学に寄付講座を開設
  3. 〈新製品開発ストーリー〉“排水処理施設の運転管理が誰にでもできる…
  4. SDGs対応とグローバル対応が業界の課題
    日包工賀詞交歓…
  5. 日本清涼飲料研究会、「第31回研究発表会」を11月8日に開催
  6. 機能性素材の普及、甘味食品の試験検査業務を活動の軸に
  7. 小麦ブランとバーリーマックスを配合した“進化形シリアル”
  8. ケルセチンの認知機能への効果や腸内細菌叢に関する話題を発表―「知…

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 33,000円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2024 出展者募集中

PAGE TOP