関連トピックス

トコトリエノール複合製剤EVNol SupraBio™が糖尿病性網膜症の網膜出血を減弱させることを臨床試験で解明

トコトリエノールやカロテノイドの世界的サプライヤーであるマレーシアのエクセルバイト社(ExcelVite)は、同社のトコトリエノール複合製剤「EVNol SupraBio™」(エヴァノール・スープラバイオ、以下SupraBio)が糖尿病性網膜症の網膜出血を減弱させることを臨床試験で確認したと発表した。

モナシュ大学マレーシア校医学部の内分泌学者ハーリド・カーディル名誉教授のグループによる研究で、糖尿病性網膜症のある2型糖尿病患者43人が、プラセボ群、SupraBio 400mg/日摂取群に分け、8週間の摂取後に測定。その結果、SupraBio摂取群では、右眼の網膜出血が有意に減少していた。加えて、8週間のSupraBio摂取は、肝機能マーカーであるアスパラギン酸アミノ基転移酵素(AST)とアラニンアミノ基転移酵素(ALT)の有意な改善をもたらすことも明らかにされた。

今回の研究では糖尿病性網膜症患者における血清バイオマーカー(AGE、sRAGE、Nε-CML、シスタチンC)の有意な改善は認められなかったが、対象者の平均18.5年という長期にわたる糖尿病疾患に比べ、SupraBioの摂取期間が8週間と短かったことが要因と考えられている。そのため長期摂取の必要性も鑑みられたが、いずれにしても、今回の結果により、SpuraBioが糖尿病性網膜症治療の補助となる可能性が示唆されたと考えられた。

※糖尿病性網膜症
糖尿病合併症の一つで、血糖値の高い状態が長期間続き、網膜の血管に損傷が及ぶときに発生する。初期の段階では何の徴候も認められないか、あっても視覚に軽度の問題が見つかる程度だが、この合併症は進行する場合があり、成人の失明の主要要因ともなっている。そのため、有効な治療法が求められている。

関連記事

  1. フードロス削減に貢献する小型解凍機「メルツ解凍・プロ」体験会開催…
  2. ベニバナの赤色色素カルタミンの合成酵素を世界で初めて同定
  3. トレハロースシンポジウム開催―トレハロースと免疫に関する研究紹介…
  4. デュポン、プラントベース素材の新コンセプト「Danisco Pl…
  5. 新規指定に向け殺菌料「二炭酸ジメチル」の安全性を評価
    ―食…
  6. 第26回 カリフォルニア・レーズン ベーカリー新製品開発コンテス…
  7. 【レポート】付加価値訴求で「海洋深層水ミネラル」の採用が拡大
  8. ツバメの巣エキスにおいて、タイトジャンクションの形成を促進し、皮…

おすすめリンク先

PAGE TOP