未分類

【市場動向】健康食品の市場動向と素材・技術研究4 (製造機器)

健康食品製造技術の最新動向


・健康食品製造技術の最新動向
HACCPやISOさらに健食GMP施行後、健食製造工場各社では製造設備の衛生面の強化に注力する動きが目立ってきたが、ここにきてのノロウイルスや異物混入など、相次ぐ食品の安全に関する問題の頻発をうけ、食品安全対策にもより一層の拍車が掛かっている。
これを反映するかのように、粉砕、抽出、濃縮、造粒、打錠、カプセル充填から検査機器まで、機器メーカーでは、従来以上に分解洗浄性やメンテナンス性を向上させたサニタリー仕様やGMP対応の機器開発を進めラインアップ強化に努めている。また、ラインに組み込みが容易なコンパクトな機器の台頭も目出す。少量多品種製造の受託企業を意識した仕様となっていることに加え、イニシャルコストの低減にも寄与している。さらに、食品が持つ微量な有効成分の損失抑制や保水性・融合性・体内吸収性を向上させた粉砕機、抽出機なども存在感を強めている。
このように機器メーカーは、製造面(生産コスト削減、生産効率の向上、素材特性の改善など)と、安全面(洗浄性、メンテナンス性、異物混入対策など)の両面において、さまざまなニーズに対応すべく、研究・開発を進めている。 ここでは健康食品製造に使われる機器・装置を紹介する。
☆注目の健康食品製造機器サプライヤー☆
イーデーエム(印字・包装関連)
STKトレーディング(印字・包装関連)
大川原化工機(殺菌)
大川原製作所(造粒、濃縮)
岡田精工(造粒)
G-Labo(殺菌)
奈良機械製作所(造粒、粉砕)
白光(印字・包装関連)
富士薬品機械(打錠)
フロイント産業(コーティング)
ユーグロップ(粉砕、分級)
豊製作所(粉砕)
ユニキ産業(計数)

関連記事

  1. 食品安全マネジメントシステム ISO22000審査機関・受審企業…
  2. 蜂産品素材の市場動向
  3. 【10月号】機能性食品製造で重要性高まる粉粒体技術
  4. 【市場動向】健康食品の市場動向と素材・技術研究
  5. 【市場動向】たん白・ペプチド素材の市場動向
  6. 【視察レポ】NATUREX社アヴィニョン本社訪問
  7. 高齢化と少子化に食品業界は対応しているのか
  8. 【特別ルポ】スーパーの環境改善と歩留まり向上に貢献するオゾンシス…

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2023 出展者募集中

PAGE TOP