食品素材の記事

オリザ油化、サフランエキス配合製品が睡眠機能で機能性表⽰⾷品として受理

オリザ油化のサフランエキス「サフリープ®-P」を22mg(サフラン由来クロシン0.66mg)配合した商品が、睡眠機能で機能性表示食品として受理された(届出番号:I872)。届出表示は「サフラン由来クロシンには、睡眠の質が低いと感じている方の深睡眠をすみやかにもたらし、睡眠の質(寝つき、ぐっすり眠れること、眠りが深いこと、睡眠中に目が覚めないこと)を高める機能、すっきりと目覚められる機能が報告されています。」

機能性関与成分は「サフラン由来クロシン」(機能性関与成分量0.66mg/日)で、入眠から起床時の気分まで睡眠に関する6つの作用による睡眠トータルケアが表示可能となった。また、表示のうち、「すみやかな深睡眠」および「睡眠の質(寝つき)を高める機能」は、睡眠に関連した届出表示として初めての受理で、特に「深睡眠をすみやかにもたらし」という機能性は、植物エキスにおいて初受理であった。

睡眠にとって最も重要な、深くグッスリ眠るまでの時間が早くなる旨の表示は、睡眠の質が低いと感じる方に響くキーワードであり、差別化ポイントになると考えられている。同社では今回の届出受理を機に、睡眠について訴求した機能性表示食品に興味ある潜在顧客への積極的な提案を行っていく。

関連記事

  1. 酒石酸相場が高騰 欧州ブドウ2年連続の不作の懸念が強まる
  2. 体内吸収性の高いリポソーム型新素材を上市
  3. DSM、ハイドロコロイド事業を強化
  4. 葛の花由来イソフラボンが「エネルギー消費を高める」旨のSRで機能…
  5. オリザ油化、国産クリルオイル「イサダオイル」の抗肥満効果を確認
  6. 溶解性と味質がクリアな新イチョウ葉エキス開発
  7. サントレック、たん白素材として注目される食用コオロギ粉末を販売
  8. 抗アレルギー作用で知られる柑橘「じゃばら」が、抽出物の登場で加工…

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 33,000円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2024 出展者募集中

PAGE TOP