未分類

【支援技術】食品産業の粉粒体技術

~高機能食品製造用途とサニタリー化進む~
粉粒体技術は今日、食品開発にとって欠かすことのできない最重要技術のひとつとして浸透している。


特に近年は機能性食品や健康食品の需要が急激に高まる中で、素材の複合化、微粉化、多種多様な粒子に特性を与える微粒子設計技術など、高度な技術が要求され、医療、ファイン化学分野からの技術導入も進んでいる。
食品工場および粉体工場ではHACCP/GMPの導入も進んでいるものの、品質安定のためには、粉塵から異物混入問題に至るまでクリアすべき課題は多い。このため、粉体装置メーカーに対してもこれらの課題への対応が迫られている。
→つづきは食品と開発6月号本誌をCHECK!
【注目の粉粒体装置メーカー】
奈良機械製作所
スギノマシン
岡田精工
夢実耕望
パウレック
日本ビュッヒ
日本マグネティックス
マイクロフーズジャパン
富永物産
日機装

関連記事

  1. 【支援技術】食品産業における除菌・消臭のためのオゾンの利用動向
  2. 【分離・計測】ハイスループット対応進むクロマト分析のハード&ソフ…
  3. クローズアップ
  4. 【品質・安全】自主検査に拡がる簡易・迅速微生物検査法の開発動向
  5. 【特別レポ】製パン用酵母「美の和酵母」の開発と遺伝子解析
  6. 海外開発トピックス
  7. 抗ストレス食品・素材の市場動向
  8. 海外開発トピックス

おすすめリンク先

PAGE TOP