企業ニュース

【連載】「機能性表示食品」受理企業の戦略―チョーヤ梅酒㈱

「さらりとした梅酒」や「TheCHOYAウメッシュ」などのヒット商品を持つチョーヤ梅酒㈱(大阪府羽曳野市)は、昨年11月、梅由来のクエン酸を活用した機能性表示食品『酔わないウメッシュ』が消費者庁に届出受理された。市場規模の拡大するスポーツ市場に向けて“梅酒ソーダテイスト×抗疲労”という新しいコンセプトを提案する。同社、品質管理室商品開発の長谷川豪宏氏に話を聞いた。

―― 開発経緯は?

 梅はクエン酸やリンゴ酸などの有機酸を豊富に含有しており、日本人の間では古来より健康に良い物とされてきました。当社では、国民の健康意識の高まりから、スポーツ愛好家のための疲労感を軽減する飲料を開発しようと考え、梅が含有するクエン酸の疲労回復効果に着目し“梅酒ソーダテイスト飲料×運動時の飲用”を実現するための製品開発を進め
てきました。機能性表示食品については制度開始時より、梅の健康に対する効果を訴求できる点に魅力を感じていました。昨年から本格的に動き出し、11月に受理されました。

―― 製品開発でこだわった点は?

 当社は「酸味料、香料、人工甘味料などの添加物を使用しない製品開発」を基本理念として掲げています。『酔わないウメッシュ』の機能性関与成分であるクエン酸も全て、果実由来のものを使用しています。食品添加物である香料や人工甘味料、クエン酸塩などの酸味料を使用せず、果実のクエン酸のみで、一般的なスポーツドリンクとは異なる梅酒様の“すっきりとした味わい”を残す酸味と甘味のバランスを見つけだすのに苦労しました。

―― 今後の戦略は?

 初期の導入としては、スーパーマーケット、コンビニエンスストア、ドラッグストアなどの販売チャネルでの展開を考えています。当社の主力製品『酔わないウメッシュ』の姉妹品として広告によるプロモーションも検討しています。今後の展開については…

本記事は「健康産業新聞 1659号」に掲載。「健康産業新聞」(月2回発行/1号あたりの平均紙面数は約50頁)定期購読のお申し込みはこちら

<関連記事>
機能性表示食品1,500品突破

カゴメ初の生鮮品機能性表示食品 『GABA Select(ギャバセレクト)』

【特集】健食受託加工・製造―約8割が増収達成、アジア向けなど輸出好調で回復の声も

■「受託製造企業ガイドブック2017年版」 好評販売中■

受託製造企業ガイドブック2017健康産業新聞a2012年版を全面改定し、「機能性表示食品への対応」を追加。各社の概要、特色、業況、連絡先がこの一冊に。健康食品・化粧品の製造、各種試験・分析依頼、原料調達などに、ぜひ本書をご活用ください。⇒詳細はこちら!

行政・業界ニュース

  1. 健康産業新聞164404

企業ニュース

  1. 健康産業新聞ロゴ01

特集

PAGE TOP