行政・業界ニュース

機能性表示食品1,500品突破

 機能性表示食品の受理数が1,500品を突破した。先月14日現在、届出取り下げを除く累計数は1,509品。2017年8 月に1,000品を突破、その後も受理数を増やし、特保許可・承認数の1,063品を大きく上回っている。機能性関与成分のトップは難消化性デキストリン(グラフ)。単独での配合は200品に到達、全体の約13%に利用されている。形状別にみると、一般加工食品が51%、サプリメントが48%、生鮮食品が1 %。機能性の評価方法は研究レビューが94.3%を占めている。機能性表示は、53%が従来特保型表示(脂肪系、血圧、整腸、血糖値など)。「血糖値+中性脂肪」といった複数表示も多数受理されている。受理数トップはファインで62品。10品以上の受理があるのは32社となっている。今年度も新規表示が生まれており…

本記事は「健康産業新聞 1659号」に掲載。「健康産業新聞」(月2回発行/1号あたりの平均紙面数は約50頁)定期購読のお申し込みはこちら

<関連記事>
【主張】健食市場の今後、深まる不確実性

2018年9月期、売上高224.4億円 機能性表示食品関連事業が伸長 -東洋新薬-

日本綜合医学会、「発芽玄米を食育に」

■「受託製造企業ガイドブック2017年版」 好評販売中■

受託製造企業ガイドブック2017健康産業新聞a2012年版を全面改定し、「機能性表示食品への対応」を追加。各社の概要、特色、業況、連絡先がこの一冊に。健康食品・化粧品の製造、各種試験・分析依頼、原料調達などに、ぜひ本書をご活用ください。⇒詳細はこちら!

行政・業界ニュース

  1. 健康産業新聞164404

企業ニュース

特集

PAGE TOP