企業ニュース

アクアバンク、独自の「電気分解式水素ガス吸引具」で特許取得

㈱アクアバンク(大阪市中央区、06-6265-1034)は先月20日、独自の「電気分解式水素ガス吸引具」で特許を取得した(特許第6464385)。特許概要は、携帯かつ所定量の水素ガスを容易に供給可能な電気分解式水素ガス吸引具を提供する技術。同技術を応用したポータブル水素ガス吸引具の最新機種『KENCOS3』は、約5 分間で水素水(1.0ppm)5 L相当の水素ガスを摂取可能、「水素吸引」「水素+フレーバー吸引」「フレーバー吸引」の3 つの吸引モードを搭載、USB充電―― などが特長。家電量販店やエステサロン、スポーツクラブ、歯科医院など様々なルートで展開しているほか、世界60ヵ国以上から引き合いが来ているという。同社は創業以来、健康寿命延伸に役立つ水素関連製品の研究・開発を実践しており、これまでに様々なエビデンスデータを学会や論文等で発表してきた。昨年12月の「第25回日本行動医学会学術総会」では、国立大学、鹿児島県西之表市(種子島)との産官学連携の下、地元住民約100人規模を対象に実施した『KENCOS®』による水素ガス吸引の実証テストの結果を発表。軽度認知障害(MCI)が疑われる高齢者住民を対象とし、1ヵ月間にわたる水素吸引連用前後の比較試験で、心理生理学的有効性について検証した結果、ミニメンタルステート検査(MMSE)の点数が正常値まで回復したことから認知機能の向上、実年齢より高かった血管年齢が実年齢よりも若くなること、さらに抑うつや不眠の改善、自信の向上といった心理的な改善効果も認められたことから、水素ガス吸引による心身機能の向上、改善が示唆された。この取り組みは先月20日のテレビ東京「Newsモーニングサテライト」でも放送され、話題を集めた。

本記事は「健康産業新聞 1665号」に掲載。「健康産業新聞」(月2回発行/1号あたりの平均紙面数は約50頁)定期購読のお申し込みはこちら

 <関連記事>

米国ナチュラルプロダクツエキスポ 3,580社出展、「CBD」展示企業3倍に

抗糖化は健康美容対策の常識に、不妊への影響など進む糖化研究

厚労省、食事摂取基準、ビタミンD目安量引上げへ

 

■「受託製造企業ガイドブック2017年版」 好評販売中■

受託製造企業ガイドブック2017健康産業新聞a2012年版を全面改定し、「機能性表示食品への対応」を追加。各社の概要、特色、業況、連絡先がこの一冊に。健康食品・化粧品の製造、各種試験・分析依頼、原料調達などに、ぜひ本書をご活用ください。⇒詳細はこちら!

 

行政・業界ニュース

企業ニュース

特集

  1. 健康産業新聞1951-食品開発展a
PAGE TOP