企業ニュース

マツモトキヨシHDとココカラファイン、経営統合協議開始で共同記者会見

㈱マツモトキヨシホールディングスと㈱ココカラファインは22日、経営統合に向けた協議開始に関する共同記者会見を開催した。16日発表の両者間でかかる独占交渉権の付与等を内容とする覚書締結を受け、両社代表による抱負と今後の見通しが発表された。

ココカラファイン代表取締役社長の塚本厚志氏は、マツキヨHDを選んだ要因について、「優れた商品開発力、マーケティング力、店舗運営力」とし、「2社で売上高1兆円、全国3000店舗に。今後、弊社の経営課題解決と中長期的な企業価値の最大化とともに、DgS・ヘルスケア事業のリーディングカンパニーとして大きなシナジーを発揮できると期待している」と語った。

マツモトキヨシホールディングス代表取締役社長の松本清雄氏は、協議開始の抱負について、「売上高に対する収益性が両社で似ており、改善で手を組めると判断した」とし、「美と健康の原点に返り、アジア№1のドラッグストアを目指す」と強調。薬剤師、管理栄養士などの専門家が現場の声を受けて開発したサプリメントシリーズなどを展開するPB「matsukiyoLAB」など、顧客ニーズに合わせたブランド展開を両社で推進していくとした。

また、「小売りに新業態はない。サービスを新たに加えることはありうる」とし、AIによる自動発注や棚割りへの投資は既に済ませているとしたほか、対面販売用の英語表記などを含むインバウンド・アウトバウンド対応、ネット販売の事故防止などの取り組みも進めていくとした。

 

握手する松本社長(左)と塚本社長(右)

 

本記事は「健康産業新聞 1667号」に掲載。「健康産業新聞」(月2回発行/1号あたりの平均紙面数は約50頁)定期購読のお申し込みはこちら

 <関連記事>

・特集【EBS】治 療 か ら 予 防 へ の シ フ ト で拡大するEBS市場
・特集【二日酔い・飲酒対策】新 た な 素 材 、新 商 品 も 続 々 登 場 -ハウ ス 、ゼ リ ア の 2 強 は 変 わ ら ず-
・特集【胃腸サポート食品】機能性研究・素材提案が活発-胃腸トラブル、現代病の代表格に-
・特集【女性サポート素材】女 性 特 有 の 悩 み に 、多角的アプローチ進む
・特集【愛知県】付加価値の高い技術力で健康産業に新風 -41 年連続日本一の〝ものづくり王国-

■「受託製造企業ガイドブック2017年版」 好評販売中■

受託製造企業ガイドブック2017健康産業新聞a2012年版を全面改定し、「機能性表示食品への対応」を追加。各社の概要、特色、業況、連絡先がこの一冊に。健康食品・化粧品の製造、各種試験・分析依頼、原料調達などに、ぜひ本書をご活用ください。⇒詳細はこちら!

 

行政・業界ニュース

企業ニュース

特集

  1. 健康産業新聞1951-食品開発展a
PAGE TOP