健康産業オンライン健康産業オンライン

  1. コラーゲンペプチド販売量、過去最高5,900t超

    日本ゼラチン・コラーゲン工業組合は5月18日、ゼラチン・コラーゲンペプチドの販売量調査を公表、コロナ禍の影響を受けつつも、2019年度のコラーゲンペプチド販売量は前年度比1.5%増の5,900t超で、過去最高を更新した。このうち「食用」は5…

  2. 特集【スポーツニュートリション】プロテイン人気続く、400億円台に

    拡大が続くスポーツニュートリション市場。牽引するプロテイン、アミノ酸関連商品の2019年の市場規模は…

  3. コロナで消費一変、健食は6%増

    新型コロナウイルス感染拡大に伴うライフスタイルの変化が、消費者の消費行動を一変させた。3月の各種統計…

  4. 特集【オーガニック&ナチュラル】ジャパニーズオーガニック、世界市場へ 広がる海外市場でのビジネスチャンス

    日本の有機認証機関で認証を取得した食品が、台湾でも「有機」と表示できる新たな仕組みが整った。欧州に次…

  5. 特集【スッポン】滋養強壮から美容訴求まで 女性層中心に顧客開拓進む

    滋養強壮や疲労回復で知られるスッポンは、“スタミナ食”の代表として認知される。サプリメントでは、男性…

  6. 特集【静岡県】健康食品製造の屋台骨、受託各社コロナ禍で奮闘

  7. 連載【追跡話題】食薬区分改正でチャンス到来! NMN、テフ サプライヤーの提案活発に

  8. 19年度DgS健食販売額、3%増の2,200億円超

  9. フロスト&サリバン 4月27日ウェビナー『新型コロナウイルスの影響により食品飲料業界が直面する変化』

  10. ZOOM UP【大麦】新たな食べ方提案や国産訴求で市場開拓へ、食物繊維不足に“もち麦”を

PAGE TOP