ヘッドラインニュース

JAMA発表の「サプリで死亡率増加」、世界中に波紋

 抗酸化サプリメントを摂っている人は死亡率が高いという研究報告が、2月28日の米国医師会誌(Journal of the American Medical Association=JAMA)に掲載され、世界中に波紋が広がっている。サプリメントの効果に疑問を投げかけたJAMAの報告を受け、米CNNやロイター、英BCC、日本の一般紙などが一斉に報道。→続きは『健康産業速報』第1108号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 都、健康食品データベースを開設
  2. 東京都、健食表示調査「機能性サプリ」は不適正
  3. ビタミンC不足が「タバコ病」に関与 都老人研・石神氏らが確認
  4. ブルーベリー、加齢による記憶力減退を軽減
  5. 議連「健食問題研究会」、大濱氏招き米・EUの制度を研究
  6. 民主党マニフェスト、「統合医療の普及」掲載検討
  7. 東洋新薬、ビワ葉抽出物「ロイスリン」の体脂肪抑制効果を確認
  8. 太陽化学、上海に全額出資子会社
PAGE TOP