ヘッドラインニュース

東京都 都民の健康・栄養状況 VEの3割、健食から摂取

 東京都は3日、「平成16年国民健康・栄養調査」の都民分の集計結果を発表、ビタミンEなどの摂取量増加に特定保健用食品やサプリメントなどが貢献していることがわかった。調査は昨年11月に実施。栄養素等摂取量を調べた結果、全体的にカルシウムや鉄などの摂取量が低かった。年代別に見ると、20代女性の1日あたりのカルシウム摂取量は、わずか446mgに過ぎなかった。

関連記事

  1. メタボリック症候群、中高年男性に蔓延
  2. 厚労省、既存添加物名簿から32成分を削除
  3. 日清オイリオグループとアイロムが業務提携
  4. 厚労省 健康増進法・基本方針 「健康産業育成」盛り込む 健食が対…
  5. 厚労省、食薬区分改正を通知
  6. 経産省、ネットオークションでガイドライン 健食事業者も対象
  7. 磐田化学、「発酵黒糖クエン酸」のサンプルワーク開始
  8. ランセット、骨維持サプリの最良処方は「Ca1200mg+VD80…
PAGE TOP