ヘッドラインニュース

東京都 都民の健康・栄養状況 VEの3割、健食から摂取

 東京都は3日、「平成16年国民健康・栄養調査」の都民分の集計結果を発表、ビタミンEなどの摂取量増加に特定保健用食品やサプリメントなどが貢献していることがわかった。調査は昨年11月に実施。栄養素等摂取量を調べた結果、全体的にカルシウムや鉄などの摂取量が低かった。年代別に見ると、20代女性の1日あたりのカルシウム摂取量は、わずか446mgに過ぎなかった。

関連記事

  1. 特別レポート 米国「IFT」 「植物プロテイン」「グルテンフリー」席巻 【特別レポート】 米国「IFT」 「植物プロテイン」「グルテンフ…
  2. 消費者委、健食表示で「建議」
  3. 消費者庁、トランス脂肪酸の指針策定へ
  4. 「歩行能力改善」の機能性表示食品、取下げ相次ぐ
  5. α−リポ酸、TV放映で大ブレイク
  6. 生活科学研究所、メシマコブ菌糸体サプリで健食事業参入
  7. 森下仁丹、シームレスカプセルを一般食品用途で本格展開
  8. 静岡県、健康食品開発支援でパイロットプラント整備
PAGE TOP