ヘッドラインニュース

4・13事務連絡、解釈をめぐり都道府県に温度差

 厚生労働省の4月13日付事務連絡「いわゆる健康食品について」に対する都道府県の受け止め方に温度差がある様子が、本紙の取材で浮かび上がった。一部で4・13事務連絡を拡大解釈する傾向がみられ、都道府県によって今後の対応方針に違いが生じる可能性も出てきた。→続きは『健康産業速報』第1137号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. EU、ハーブの機能性表示で2年以内に見直しへ
  2. 「食」ビジネス、医療・介護分野に拡大
  3. 北海道内バイオ産業、10年で4倍
  4. リポ酸研究会が今秋発足、主要原料メーカーがスクラム
  5. 経産省、各地で健食開発を推進
  6. 癌学会、14日から札幌で CoQ10に抗がん作用
  7. CoQ発見者が来日、国際カンファレンス開催
  8. 特保調査会が報告書案、委員から異論 既許可製品の再審査でも紛糾
PAGE TOP