ヘッドラインニュース

【国セン】16年度相談 健食33%増、定期購入問題が影響

国民生活センターは10日、2016年度の消費者生活相談の概要を発表、相談件数は約88.7万件で、前年度から約4.3万件減ったことを明らかにした。ただ、定期購入トラブルの増加で、健康食品の相談は33%増と大きく増えた。これに伴い、健食の危害情報も増加している。PIO-NET(全国消費生活情報ネットワークシステム)で今年5月末日までに登録された16年度の苦情相談を分析。アダルト情報サイトや金融商品などの相談が減少したことで、全体の相談は前年度日4.6%減の88万7316件になった。一方・・・

続きは紙面(2017年8月18日発行)で

媒体紹介

関連記事

  1. 研究レビュー検証で報告書 「質」を評価 「SR」51編対象、改善…
  2. 国際戦略総合特区 機能性食品関連も
  3. 中国FDA担当官が来日 「CoQ10、効能表示可能」
  4. 健食安全性ガイドライン、業界統一案は今月末
  5. 厚労省 健食安全性検討会が初会合 「GMP、国の制度に」 JIH…
  6. 本草製薬、ISETAN新宿店に進出 サプリブランド立ち上げ
  7. 通販協 04年度・通販企業実態調査
  8. ミツバ貿易、「チアオイル」など新原料上市
PAGE TOP