ヘッドラインニュース

【国セン】16年度相談 健食33%増、定期購入問題が影響

国民生活センターは10日、2016年度の消費者生活相談の概要を発表、相談件数は約88.7万件で、前年度から約4.3万件減ったことを明らかにした。ただ、定期購入トラブルの増加で、健康食品の相談は33%増と大きく増えた。これに伴い、健食の危害情報も増加している。PIO-NET(全国消費生活情報ネットワークシステム)で今年5月末日までに登録された16年度の苦情相談を分析。アダルト情報サイトや金融商品などの相談が減少したことで、全体の相談は前年度日4.6%減の88万7316件になった。一方・・・

続きは紙面(2017年8月18日発行)で

媒体紹介

関連記事

  1. 初の疾病リスク低減型特保、許可に向け大きく前進
  2. 06年度通販売上高、過去最高の3兆6800億円
  3. キダチアロエに抗がん作用
  4. ケンコーコム健食番付、東の横綱にCoQ10 キヌアもヒット
  5. 米国、サプリの安全性・有効性議論高まる
  6. 【速報】大阪で機能性表示セミナー 消費者庁・塩澤氏講演
  7. 都、今春の飛散花粉数予測「昨年の2~3倍」
  8. 菅新内閣、健食業界にも影響
PAGE TOP