ヘッドラインニュース

【国セン】16年度相談 健食33%増、定期購入問題が影響

国民生活センターは10日、2016年度の消費者生活相談の概要を発表、相談件数は約88.7万件で、前年度から約4.3万件減ったことを明らかにした。ただ、定期購入トラブルの増加で、健康食品の相談は33%増と大きく増えた。これに伴い、健食の危害情報も増加している。PIO-NET(全国消費生活情報ネットワークシステム)で今年5月末日までに登録された16年度の苦情相談を分析。アダルト情報サイトや金融商品などの相談が減少したことで、全体の相談は前年度日4.6%減の88万7316件になった。一方・・・

続きは紙面(2017年8月18日発行)で

媒体紹介

関連記事

  1. 10月の健食通販売上高4.7%増
  2. 15年度サプリ支出0.4%増 3月大幅増、プラスで着地
  3. 日清ファルマ、胃炎予防の機能性食品開発に着手
  4. 「歯科トクホ研究会」設立 新規表示の開発支援 「歯茎の健康」「口…
  5. 家計調査3月 健食支出6.4%減
  6. CRN、「自主点検第三者認証」提言
  7. 「機能性表示」活用で健食輸出促進、懇話会発足
  8. JAMA、「カロリー25%カットで寿命が延びる?」
PAGE TOP