ヘッドラインニュース

厚労省 スギ花粉健食問題 注意喚起表示を指導 「減感作療法」目的なら販売禁止

 厚生労働省の新開発食品評価第三調査会は16日、原材料にスギ花粉を使用した食品を対象に、注意喚起表示を求めることで合意した。これを受けて、同省は近く都道府県等に通知する。さらに、同省や国立健康・栄養研究所のホームページで一般消費者に対する注意喚起を強化し、業界団体にも協力を呼びかける。→続きは『健康産業速報』第1120号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 1246号(2008年7月18日号)配信
  2. 食品安全委、DAG評価で論点整理 厚労省は追加試験に着手
  3. 政府予算概算要求 特保見直しの可能性も
  4. 北海道、健康食品から医薬品成分 回収を指導
  5. 北海道内バイオ産業、10年で4倍
  6. 高齢社会白書が閣議決定 健食の開発支援を明記
  7. 特保制度、存続へ
  8. ファイン、アスタキサンチン健食など3品投入
PAGE TOP