ヘッドラインニュース

厚労省 スギ花粉健食問題 注意喚起表示を指導 「減感作療法」目的なら販売禁止

 厚生労働省の新開発食品評価第三調査会は16日、原材料にスギ花粉を使用した食品を対象に、注意喚起表示を求めることで合意した。これを受けて、同省は近く都道府県等に通知する。さらに、同省や国立健康・栄養研究所のホームページで一般消費者に対する注意喚起を強化し、業界団体にも協力を呼びかける。→続きは『健康産業速報』第1120号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 厚労省、農薬ポジティブリストで関連通知
  2. 厚労省 食薬区分を改正
  3. ローヤルゼリー特保、「安全性問題なし」 いよいよ許可へ
  4. 健康産業新聞と総研 健食ニーズ徹底分析 「効果効能」を最重要視 …
  5. NNFA-J、新体制が発足
  6. 健康博覧会が閉幕、3日間で4万6822人が来場
  7. 「食とメタボ」シンポに230人
  8. 東京都 テレビの健康情報を調査
PAGE TOP