ヘッドラインニュース

厚労省 被害発生時の初動体制整備 健食等の風評被害防止へ 今年度から研究開始

 健康食品や医薬品などによる健康被害が発生したときに迅速な対応がとれるようにするため、厚生労働省は今年度から、適切な初動体制を整備するための「健康危機管理における効果的な医療体制のあり方に関する研究」など6課題について研究をスタートさせることが26日、明らかになった。→続きは『健康産業速報』第1123号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 理研ビタミン、「メカブフコイダン」でインフルエンザ予防
  2. スクワラン、スクワレンの原料価格が高騰
  3. 財務省 輸入通関統計 台湾産クロレラが順調 1-7月累計、5%増…
  4. 厚労省、CoQ10の扱いで通知「事業者責任で安全性確認を」
  5. バイアスラボラトリーズ、「BOWS」大幅リニューアル
  6. ロート製薬、乳酸菌成分の美白効果を確認
  7. 農水省、「食品機能性評価支援センター」 来年5月メドに設置
  8. 「目標マイナス○kg」、根拠なければ健康増進法違反
PAGE TOP