ヘッドラインニュース

厚労省 被害発生時の初動体制整備 健食等の風評被害防止へ 今年度から研究開始

 健康食品や医薬品などによる健康被害が発生したときに迅速な対応がとれるようにするため、厚生労働省は今年度から、適切な初動体制を整備するための「健康危機管理における効果的な医療体制のあり方に関する研究」など6課題について研究をスタートさせることが26日、明らかになった。→続きは『健康産業速報』第1123号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 厚労省 新特保制度が確定 1日に規格基準型スタート
  2. 健康博覧会、18日に閉幕 3日間で4万6千人来場
  3. 健康被害起こしたスギ花粉健食、厚労省が医薬品と判定
  4. 09年の健食新製品、採用トップはビタミンC
  5. アオバナ等、4成分「非医」に 厚労省、食薬区分改正を通知
  6. ロッテ、健康部門を集約 「ロッテ健康産業」に統合
  7. 16年レジャー市場2%減「フィットネス」2.1%増の4480億円…
  8. 京都大・大東氏、「ハナショウガ等に動脈硬化抑制作用」
PAGE TOP