ヘッドラインニュース

公取委、18年度排除命令 過去33年で最高の32件 健食の不当表示が6件 健康志向拡大に着目

 公正取引委員会が平成18年度に出した排除命令の件数が過去33年で最高の32件となり、うち6件が健康食品に対するものであることが、同委が23日に公表した資料でわかった。公取委では引き続き健康食品の不当表示に目を光らせていく構えだ。→続きは『健康産業速報』第1130号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 宮城県、国産のニセ薬を発見
  2. マルチ取引の相談増加 健食の悪用目立つ 警察庁などへ情報提供
  3. 農芸化学会、27日から福岡で
  4. 1228号(2008年5月16日号)配信
  5. 大塚製薬、栄養補助食品の自販機展開開始
  6. 改正割販法省令案、健食訪販等に影響
  7. 疫学会、25日から都内で 緑茶の有用性明らかに がん・死亡リスク…
  8. 厚労省、アレルギー表示義務品目にエビ・カニ追加を決定
PAGE TOP