ヘッドラインニュース

公取委、18年度排除命令 過去33年で最高の32件 健食の不当表示が6件 健康志向拡大に着目

 公正取引委員会が平成18年度に出した排除命令の件数が過去33年で最高の32件となり、うち6件が健康食品に対するものであることが、同委が23日に公表した資料でわかった。公取委では引き続き健康食品の不当表示に目を光らせていく構えだ。→続きは『健康産業速報』第1130号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 健康志向食品の06年市場規模、富士経済の推計は1.2兆円 
  2. ビタミン学会、26日から三重県で
  3. ベストアメニティ、ゴルフ場と命名権契約締結
  4. 栄養士会、「栄養ケアステーション」で特保紹介を検討
  5. 三菱ガス化学と日清ファルマ、CoQ10で合弁事業
  6. 【国セン】16年度相談 健食33%増、定期購入問題が影響
  7. 特保10品許可、合計550品突破
  8. 17年国勢調査速報 高齢者人口、21%に上昇 世界最高の水準
PAGE TOP