ヘッドラインニュース

慶應大・曽我氏、「メタボロームで食品評価」

 食の効能評価学術研究会は17日、第3回目の学術集会を開催、細胞内の低分子代謝物「メタボローム」の新測定法が食品機能評価に応用できることを報告した。

関連記事

  1. 九州自然食品協同組合、健康食品フェアに200人
  2. 2011年輸入通関統計 クロレラ減少も市場堅調
  3. 糖尿病患者、46%が「健食ほぼ毎日摂取」
  4. 東大・染谷氏ら、「活性酸素は老化に関与しない」
  5. 「畠中キトサン」、中国の保健食品として認可
  6. 応微研が債権者説明会、「プロポリスで自力再建目指す」
  7. 健食懇、新会長に味の素・木村氏
  8. 10年度 景表法措置件数47%増
PAGE TOP