ヘッドラインニュース

慶應大・曽我氏、「メタボロームで食品評価」

 食の効能評価学術研究会は17日、第3回目の学術集会を開催、細胞内の低分子代謝物「メタボローム」の新測定法が食品機能評価に応用できることを報告した。

関連記事

  1. 新開発食品保健対策室、来年度予算は健食安全性重視型
  2. 経産省、エステ業者3社に業務停止命令 強引にサプリ等販売
  3. DgSに関する消費者意識調査、利用率トップはマツモトキヨシ
  4. 農産物「機能性表示」で取組加速
  5. ハードカプセル需要が急伸、α−リポ酸ブームで
  6. 食品安全委 アガリクス安全性問題 アガリチンは「シロ」 追加試験…
  7. 「健食被害検討会」発足へ 年内にも初会合 状況に応じ商品名公開
  8. 厚労省 大豆イソフラボンで指針案 特保以外の健食も対象に
PAGE TOP