ヘッドラインニュース

特定健診でメタボ予防 健康食品市場に商機 来年4月スタート

 来年4月からスタートする特定健診制度により、メタボリックシンドローム対策に重点を置いた「介入型」の保健指導が行われることを受け、予防の観点から健康食品に注目が集まっている。新制度はメタボ症候群を改善するための「介入」を必要とする人を抽出し、改善に向けた自発的行動を促すものへと変化。→続きは『健康産業速報』第1132号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. バイブル本事件、史輝出版課長らに懲役求刑
  2. 小林製薬、「杜仲葉がメタボリック症候群に有効」
  3. サントリー、「植物性乳酸菌で免疫機能活性化」
  4. 通販企業・実態報告書 取扱商品、健食がトップ 46%の企業が販売…
  5. 健食テーマに合同シンポ
  6. ライブドア、初の自社健食を発売 “想定外の仕事に対応”
  7. 日本ゼラチン工業組合、コラーゲンペプチド規格を制定
  8. 健康産業振興で医療費抑制を 「骨太方針」「経済財政改革」議論
PAGE TOP