ヘッドラインニュース

来週から統合医療展、セミナーに申込相次ぐ

 いよいよ来週17日に開幕する「統合医療展2007」(主催・CMPジャパン)、併催される医療実践セミナーへの申し込みが相次いでいる。もっとも注目を集めているのは、新宿区医師会・統合医療検討委員会による「医師会から見た健康食品~患者のサプリメント利用実態と安全対策とは」。東京都の委託により、医師会は「健康食品に関する安全性情報共有事業」に着手。講演では、検討委員会の活動状況を紹介しながら、健康食品の安全対策について報告する。→続きは『健康産業速報』第1093号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 国内3社の牛骨ゼラチン、経産省助成事業で安全性立証
  2. アガリクス・ブラゼイ協議会発足、会員に安全性データ取得義務付け
  3. 福岡県、健食試買調査で4品から医薬品成分
  4. 日健栄協 賀詞交歓会に約400人
  5. 機能性農産物、所得増に期待感 社福協、新制度1年でフォーラム
  6. 新食事摂取基準、米国の概念を全面導入
  7. コグニスジャパン、オメガ3系脂肪酸原料市場に参入
  8. エグゼ会議・福岡、サプリ法制定9割が「望む」
PAGE TOP