ヘッドラインニュース

厚労省 健食安全性検討会 7月10日初会合 業界の自主的対応に期待 医師会、国センも参加

 厚生労働省は7月10日、「『健康食品』の安全性確保に関する検討会」の初会合を開催、製品の登録制度や健康被害情報の届出制の創設、GMPの見直しなど、健食業界の命運を左右する議論がスタートする。月1回程度開催し、年度末をメドに結論を得る計画。→続きは『健康産業速報』第1140号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 健全協、「健康産業全国協議会」に名称変更へ(1/24)
  2. IFT、14日までニューオリンズで 「ダイジェスティブヘルス」台…
  3. 北海道バイオ産業拡大 黒字8割、「地域経済支える産業に」
  4. イソフラボンで大規模追跡調査、肺がんリスクが低下
  5. 厚労省研究班 心筋梗塞の原因リスクを低減する素材明らかに
  6. 経産省支援事業、各地で健康産業振興 特保開発も
  7. JAMA、「カロリー25%カットで寿命が延びる?」
  8. 沖縄健食市場、回復軌道に
PAGE TOP