ヘッドラインニュース

厚労省 健食安全性検討会 7月10日初会合 業界の自主的対応に期待 医師会、国センも参加

 厚生労働省は7月10日、「『健康食品』の安全性確保に関する検討会」の初会合を開催、製品の登録制度や健康被害情報の届出制の創設、GMPの見直しなど、健食業界の命運を左右する議論がスタートする。月1回程度開催し、年度末をメドに結論を得る計画。→続きは『健康産業速報』第1140号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 磐田化学、「発酵黒糖クエン酸」のサンプルワーク開始
  2. 健食支出、前年比4%減
  3. 健康食品の支出額 8ヶ月連続前年割れ 8月期、今年最大の落込
  4. ハウス食品、特保市場に参入
  5. 被害救済装い悪質勧誘、健食購入者らターゲットに 「カモリスト」が…
  6. 機能性表示、薬局でのサプリ活用モデルに期待
  7. ハーブ絶滅危惧リストに「フーディア」「イチョウ」等
  8. 関節や肌、「特保の対象範囲」
PAGE TOP