ヘッドラインニュース

厚労省 健食安全性検討会 7月10日初会合 業界の自主的対応に期待 医師会、国センも参加

 厚生労働省は7月10日、「『健康食品』の安全性確保に関する検討会」の初会合を開催、製品の登録制度や健康被害情報の届出制の創設、GMPの見直しなど、健食業界の命運を左右する議論がスタートする。月1回程度開催し、年度末をメドに結論を得る計画。→続きは『健康産業速報』第1140号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 厚労省 18年度予算内示 健食対策、引き続き強化
  2. エル・エスコーポレーション、新食事摂取基準準拠の混合ミネラル酵母…
  3. 厚労省、ポジティブリスト制でQ&A 
  4. 機能性表示食品、600品突破 16年度受理数、前年越えへ
  5. 「抗加齢ドック」が誕生 老化度を検査
  6. サラリーマンの4割にダイエット経験…でも6割弱が失敗
  7. 長崎県、健食訪販企業に行政処分
  8. NPO全健協、優良小売店の認証制度を開始
PAGE TOP