ヘッドラインニュース

総務省 家計調査5月 健食支出、底バイ状態続く 2ヵ月連続前年割れ

 健食支出は回復せず、またも前年割れに―総務省が6日に発表した家計調査結果で、健康食品の支出額は底這い状態が続いている実態が浮き彫りになった。5月分の農林漁家世帯を除く2人以上の世帯の消費支出は、1世帯当たり29万2389円で、前年同月比は実数と比較した名目で0・1%増、物価上昇を考慮した実質でも同じく0・1%増。ほぼ横ばいで推移した。→続きは『健康産業速報』第1143号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 日健栄協、賀詞交歓会に430人
  2. 総務省 サプリ価格の大規模調査 行政施策の基礎資料に 健食支出増…
  3. 食事バランスガイド、「健食に頼らないで」
  4. 米国で大豆論争が活発化
  5. 6月の健食通販売上高3.9%増
  6. EU、ハーブの機能性表示で2年以内に見直しへ
  7. 都、来年度予算要求 引き続き健食対策も
  8. 機能性表示食品、健食の「危害」報告
PAGE TOP