ヘッドラインニュース

総務省 家計調査5月 健食支出、底バイ状態続く 2ヵ月連続前年割れ

 健食支出は回復せず、またも前年割れに―総務省が6日に発表した家計調査結果で、健康食品の支出額は底這い状態が続いている実態が浮き彫りになった。5月分の農林漁家世帯を除く2人以上の世帯の消費支出は、1世帯当たり29万2389円で、前年同月比は実数と比較した名目で0・1%増、物価上昇を考慮した実質でも同じく0・1%増。ほぼ横ばいで推移した。→続きは『健康産業速報』第1143号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. クラレ、健食等事業を譲渡
  2. ノエビア決算、RJ健食が売上に寄与
  3. 経産省、健康サービス産業創出で委託事業公募スタート
  4. 家計調査3月 健食支出6.4%減
  5. 大分県、薬店で販売の健食から医薬品成分
  6. 「デセン酸エチル」に抗うつ効果
  7. ナチュラルローソン、「ファイバーデトックス」コーナーを設置
  8. レジャー白書07 「サプリメント市場が拡大」 フィットネスルート…
PAGE TOP