ヘッドラインニュース

総務省 家計調査5月 健食支出、底バイ状態続く 2ヵ月連続前年割れ

 健食支出は回復せず、またも前年割れに―総務省が6日に発表した家計調査結果で、健康食品の支出額は底這い状態が続いている実態が浮き彫りになった。5月分の農林漁家世帯を除く2人以上の世帯の消費支出は、1世帯当たり29万2389円で、前年同月比は実数と比較した名目で0・1%増、物価上昇を考慮した実質でも同じく0・1%増。ほぼ横ばいで推移した。→続きは『健康産業速報』第1143号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 健食支出、11月の前年同月比 震災後初のプラスに
  2. CoQ発見者が来日、国際カンファレンス開催
  3. DgSに健食ブームの反動影響、今後は回復との見方も
  4. 家計調査10月 健食支出、今年最高額に 3ヵ月連続で前年上回る
  5. 健食懇、「健康食品の安全性自主基準」で5団体に説明
  6. 東京都 18年度食品衛生監視計画 健食製造業者の立入調査へ
  7. 家計調査 05年・健食月額支出 15%増の1429円
  8. 健食表示検討会、論点整理案の全容判明
PAGE TOP