ヘッドラインニュース

自民党・食育調査会、「あるある」問題で行政に詰め寄る

 自民党の食育調査会(山東昭子会長)が25日開かれ、2007年度の食育関連予算案について議論した。会合では出席した議員から、食品の栄養・安全性などに関する情報の提供のあり方に対して意見が集中した。特に、納豆によるダイエット効果を紹介した7日放送のフジテレビ系情報番組「発掘! あるある大事典Ⅱ」の捏造報道問題が取り上げられ、一部議員が「こうしたメディアに(今後、行政が)強く関与することになるのか」「情報のチェックのあり方をどう考えるのか」など行政側に詰め寄る場面もみられた。→続きは『健康産業速報』第1097号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 女性の健康支援シンポ、妊婦の低栄養に警鐘
  2. スポーツサプリ21成分でファクトシート プロテイン、HMBなど …
  3. 日米協議、健食を議題に
  4. 健食表示検討会、論点整理案の全容判明
  5. 農産物「機能性表示」で取組加速
  6. 中医協 医療機関での栄養食品販売 解禁に向け前進
  7. 明治製菓、新甘味素材を開発 「健康事業の目玉に」
  8. カルシウムの疾病リスク低減型特保、食品安全委の評価不要へ
PAGE TOP