ヘッドラインニュース

抗加齢医学会、6月2日から都内で マカ、CoQ10、プラセンタ等

第17回日本抗加齢医学会(会長:慶應義塾大学大学院薬学研究科薬物治療学教授・斉藤英胤氏)が6月2~4日、東京国際フォーラムで開催される。消費者庁次長の川口康裕氏による機能性表示食品についての演題等が予定されている。東京での開催となる今回のテーマは「Anti-aging Breakthroughs」。シンポジウムでは、腸内細菌と代謝、アンチエイジングドック、サルコペリア研究、機能性表示食品など、多様なテーマを取り上げる。シンポ「寿命延伸には、カロリー制限かタンパク質制限、如何に?」では、国立がんセンターの津金昌一氏が「食物・栄養と死亡リスク:疾学研究からのエビデンス」と題して講演する。男性に有用な機能性表示食品のエビデンスを取り上げるシンポでは・・・

ウェブでは記事の一部を紹介しております。
紙面では企業動向含め、様々な情報を配信中です。

関連記事

  1. 「α-リポ酸協会」、リポ酸の市場調査を実施
  2. 経産省・農水省 機能性食品等の開発支援 新法案を今国会へ提出
  3. 健食懇、健食ユーザー対象に調査 64%が満足
  4. 森川健康堂、「水溶化プロポリスエキス」の開発に成功
  5. 抗酸化力の統一指標確立を目指す研究会が発足
  6. 国センが注意喚起 血液検査後に健食等販売 医師法違反の疑い事例も…
  7. サプリアドバイザーセミナー 620人参加
  8. 明治製菓とポッカが資本業務提携 機能性飲料など開発
PAGE TOP