ヘッドラインニュース

抗加齢医学会、6月2日から都内で マカ、CoQ10、プラセンタ等

第17回日本抗加齢医学会(会長:慶應義塾大学大学院薬学研究科薬物治療学教授・斉藤英胤氏)が6月2~4日、東京国際フォーラムで開催される。消費者庁次長の川口康裕氏による機能性表示食品についての演題等が予定されている。東京での開催となる今回のテーマは「Anti-aging Breakthroughs」。シンポジウムでは、腸内細菌と代謝、アンチエイジングドック、サルコペリア研究、機能性表示食品など、多様なテーマを取り上げる。シンポ「寿命延伸には、カロリー制限かタンパク質制限、如何に?」では、国立がんセンターの津金昌一氏が「食物・栄養と死亡リスク:疾学研究からのエビデンス」と題して講演する。男性に有用な機能性表示食品のエビデンスを取り上げるシンポでは・・・

ウェブでは記事の一部を紹介しております。
紙面では企業動向含め、様々な情報を配信中です。

関連記事

  1. アニュー、80種類の作物の発酵食品に注力
  2. 農水省の「ブランド・ニッポン」開発、健康食品多数
  3. 厚労省研究班 心筋梗塞の原因リスクを低減する素材明らかに
  4. 健食と保健機能食品の関係、半数以上が知らず 農水省調査
  5. サッポロビール、大麦粉末の原料供給を開始
  6. 日健栄協 機能性評価、2成分軸に募集 「にんにく」「オタネニンジ…
  7. 条件付特保、実際の商品への表示は…?
  8. 米サプリ市場、5.8%増の160億ドル
PAGE TOP