ヘッドラインニュース

経産省 地域資源活用促進法 健食開発事業計画を認定 「世界初のサプリ」「抗肥満」等

 経済産業省は12日、6月に施行された「中小企業地域資源活用促進法」に基づき、中小企業から申請された事業計画について、全国で計153件を初認定したと発表した。認定を受けた企業は今後、試作品開発や販路開拓に対する補助、設備投資減税、中小企業信用保険法の特例、政府系金融期間の低利融資による支援などを受けることが可能になる。→続きは『健康産業速報』第1170号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 5年の食品研究成果を報告
  2. 初の「疾病リスク低減特保」、リスク評価スタート
  3. 米国のハーブランキング、ガーリックがトップ
  4. 福岡県、健食試買調査で4品から医薬品成分
  5. 06年前半・健食受託市況 3割の企業が経営悪化
  6. 機能性表示食品、400品突破 生鮮食品で4品目の受理
  7. 自民党・食育調査会、「あるある」問題で行政に詰め寄る
  8. 日清ファルマなど、ピロリ菌の胃への接着因子を解明
PAGE TOP