ヘッドラインニュース

日健栄協、25日に交流会 「新JHFA構想」を紹介 健食安全性めぐり新提案

 (財)日本健康・栄養食品協会は25日、都内で交流会を開催、約150人が参加した。厚生労働省・新開発食品保健対策室長の玉川敦氏が挨拶に立ち、現在行われている「『健康食品』の安全性確保に関する検討会」について、安全性をキーワードに健康食品がボトムアップすることが検討会の趣旨と述べ、これから始まる「特別用途食品制度の見直しに関する検討会」と見方を交換することで、健康食品と特別用途食品の安全性に関する理解が深まることを期待すると述べた。→続きは『健康産業速報』第1173号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 食品安全委 リスク評価対象を絞り込み 白金ナノコロイドの情報収集…
  2. 世界の健食市場6兆3000億円に
  3. 欧州、アガリクスのヘルスクレームなど提示
  4. 新開発食品保健対策室の責任者に増田氏が就任 室長ポストは空席に
  5. 規制改革要望で経団連、4・13事務連絡を再度追及へ
  6. 健食利用経験者、62%に UFJ総研調べ
  7. 食品開発展がいよいよ開幕、期待の新商材がめじろ押し
  8. 措置命令、13件中6件が健食 スマホ対応で情報提供倍増
PAGE TOP