ヘッドラインニュース

日健栄協、25日に交流会 「新JHFA構想」を紹介 健食安全性めぐり新提案

 (財)日本健康・栄養食品協会は25日、都内で交流会を開催、約150人が参加した。厚生労働省・新開発食品保健対策室長の玉川敦氏が挨拶に立ち、現在行われている「『健康食品』の安全性確保に関する検討会」について、安全性をキーワードに健康食品がボトムアップすることが検討会の趣旨と述べ、これから始まる「特別用途食品制度の見直しに関する検討会」と見方を交換することで、健康食品と特別用途食品の安全性に関する理解が深まることを期待すると述べた。→続きは『健康産業速報』第1173号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 1231号(2008年5月27日号)配信
  2. 味の素、アミノ酸原料増産へ ブラジルに新工場建設
  3. 「デトックス」、商品名に使用できる? CRN-J検討委員会(1/…
  4. 厚労省 健食安全性検討会が初会合 「GMP、国の制度に」 JIH…
  5. ASEAN10ヵ国 共通のサプリ制度創設へ 定義で大筋合意
  6. 抗加齢医学会、アンチエイジングの専門医・指導士を認定
  7. 「あるある大事典」の番組本、ダイエット情報をひとまとめに
  8. 厚労省、特保新たに8品許可 DHA食品など
PAGE TOP